農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

みかんでもっと笑顔になる 「ファーべ(ソラマメ)」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.237

=========================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

春は三寒四温と言いますが、今年はその温度差がいつもに増して激しく感じます。私たち人間の身体もびっくりしていますが、野菜や果物もきっとびっくりしているはずですね。春が旬のマメ科の野菜が今年は成りが早いようで、東京で農園を営まれている園主さんにお話を聞くと、ソラマメが例年の10日から2週間も早いと仰っていました。

ソラマメと言えば、収穫期があっという間に終わってしまう旬の短い野菜のひとつですが、なんとかなり古くから世界中の人に愛されてきました。古代ローマやギリシア、中東、中国など世界各地の古代遺跡から発見されています。中でもファーべというヨーロッパで主流の品種は世界で最も古い歴史を持つソラマメと言われています。糖度が高く、えぐみが少なく、生でも食べられる品種です。サラダソラマメとも呼ばれ、最近では日本でも作っている農家さんが出てきています。見つけたらぜひ試したいですね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です