アグ リテックへの取り組みAGRITECH

最先端農業への取り組み

未来の農業をつくる、研究と実践

生産者の減少、高齢化、自然災害など、 農業界および地域では、多くの課題に直面しています。
 
特に果樹農業は、急傾斜地にあり機械化が難しく、 他の農業と比べ、機械化や新技術の導入が遅れてきました。
 
私たちは、人と環境にやさしい 持続可能な農業に向けて これまでの先人の方々の技術や伝統を 守り引き継ぎながら、勘と経験の農業を脱却して、 これからの新しい農業技術を探求し挑戦を続けて参ります。
 
当社が開発したMOG-GAPシステムは ICTを活用したGAP認証取得だけでなく、 選果データの連携による栽培の見える化など 農業経営の改善にも活用しています。
 
また、農業機械の電動化、ドローンを活用した 生育調査・農薬散布に取り組んでいます。
 
今後も生産性向上、労働環境の改善、 作業負荷の低減に向けて 栽培データの活用、ロボットやAI技術の活用し、 安心できる農業の未来を革新していきます。

アグリテックへの取り組み

持続可能な農業と世界基準の安心への取り組み

グローバルGAP認証を取得し継続して取り組むことは、非常に手間や時間がかかりますが、当社が開発したMOG-GAPシステムは、スマホやPCで簡単に利用することが出来、ペーパーレスを実現しました。
 
栽培履歴やトレサビリティの実現など、農業経営強化に役立つ機能を備えています。MOG-GAPシステムと選果機はデータ連携しており、栽培から出荷までを一連で管理しており、栽培の改善につなげています。

人と環境にやさしい農業機械の電動化

これまで、農業機械はガソリンや混合油などの化石燃料を利用してきました。当社では、草刈り機、耕運機、チェーンソー、背負い動噴など、人と環境へより優しくあるために、急ピッチで電動に切り替えています。
 
燃料費の削減や環境負荷の低減だけでなく、スタートまでの速さ、音が静かで、振動がなく、生産性の改善、作業負荷の低減など、労働環境の大幅な改善にもつながっています。

ドローンを活用した生育調査・農薬散布

これまでの生育状態を把握する方法は、目視による観察で行っており、今後ますます拡大していく農場管理には課題がありました。また、農薬や液肥散布は、手散布やスプリンクラーによる方法で行っており、非常に重労働で、設備更新が必要なことや維持管理コストがかかることが課題にありました。
 
今後、多くの急傾斜の圃場管理に対応していくために、ドローンを活用した圃場の測量、生育調査を行い、農薬散布や液肥散布もドローンを活用することで、広範囲の農場を短時間で状態を把握し、ピンポイント・少量散布の防除に取り組み、生産性の向上と自然と共生する生物多様性の両立に取り組んでいきます。

未来の農業を支えるロボットやAI技術の研究

当社が開発したMOG-GAPシステムの活用により、栽培のデータ化、見える化が進んでいます。これにより、栽培の課題解決に向けたデータ基盤が整っています。
 
ロボットやAI技術導入など、効果検証への活用や、新たな革新的な技術導入に積極的に取り組んで参ります。

農業生産法人株式会社ミヤモトオレンジガーデン

本社:
〒796ー8050 愛媛県八幡浜市川上町川名津甲388
本部事務所:
〒796-8004 愛媛県八幡浜市産業通2番20号
Tel: 0894-21-3123 Fax: 0894-21-3126