農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデンは、みかんを通じてお客様・取引先・従業員とその家族のしあわせに貢献し、みかんの新しい文化を創りたいと考えております。
 
こちらの野菜ソムリエのコラムは、メールマガジンで配信しているコラムのバックナンバーになります。
 
▼ 過去のブログはこちら
https://ameblo.jp/mandarin-sommelier/
 
コラムニストは、野菜ソムリエとして多方面でご活躍中の知久幸子さん、小宅祐子さんです。
 
みかんのご紹介、美味しい食べ方、みかんを使ったレシピ、みかんの嬉しい機能、その他、野菜果物に関するご紹介やレシピなど、みかんを軸に野菜・果物のおいしい楽しみ方をご紹介いただきます。
 
お二人をご紹介いたします。
 

知久 幸子

知久 幸子さん

<ご経歴>
OL時代を経て調理師学校へ復学、
板場での修行経験を活かし、野菜ソムリエとして活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
レシピ開発、セミナー講師、講演、調理実習講師、アドバイザー、コラム執筆、青森県十和田市野菜サポーター等、野菜や果物の魅力を通じて「幸せな気持ちを」お届けするために多方面でご活躍されています。
 
<知久幸子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエのベジベジライフ 
http://ameblo.jp/vege-sachi/
 
<ご本人より一言>
コラムを通じてみかんをもっと深く知り、大好きになってもらえたら嬉しいです。
小宅 祐子

小宅祐子さん

<ご経歴>
食とは全く別の世界から一念発起されて野菜ソムリエに。
現在は野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、こころとからだにやさしい食を伝えるべく活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
セミナー講師、コラム執筆、農業体験イベント企画・サポートなど、多方面でご活躍されています。
 
<小宅祐子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエゆうこの野菜生活
http://ameblo.jp/umiumiyu-ko/
 
<ご本人より一言>
「おいしいはたのしい。」をモットーに講座講師や農業体験イベント、コラム執筆などを通して野菜や果物の魅力を伝える活動をしています。こちらのコラムでは、みかんはもちろん、楽しんでいただけるような野菜果物の情報を、時にはレシピなども交えて、発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

野菜がもっと好きになる 「純白のとうもろこし」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.241

===================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

暑くなってくると食べたくなるのがとうもろこし!ということで、今日はおススメのとうもろこしをご紹介したいと思います。

その名も『ホワイトショコラ』。何とも美味しそうなネーミングですね。色は新雪のような純白です。おススメの食べ方は、生のままかじりつく!です。粒が大きいので噛みごたえがありますが、シャキシャキとした食感と瑞々しさ、そして口の中に広がる強烈な甘さが何とも言えない新食感のとうもろこしです。まるで果物を食べているような感覚になります。

加熱して食べたい!という方は、炒めるのがおススメです。包丁を使って粒を芯からそぎ落とし、フライパンにココナッツオイルを熱して炒めてください。仕上げに、ココナッツファイバーを加えて軽く炒め合わせてください。シャキシャキの食感を残すために、長時間炒めすぎないのがコツです。『ホワイトショコラ』ぜひ一度ご賞味くださいませ。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「繊細野菜、パプリカ」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.241

=====================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

季節が夏に進むにつれて、売り場に並ぶ野菜は彩りを増します。中でもひと際目を引くのが赤・黄・オレンジなどのパプリカではないでしょうか。同じ仲間のピーマンとはまた違って、大玉で肉厚、フルーティで甘いパプリカは1993年にオランダから初めて輸入されました。日本に流通するようになると、カラフルで見た目も食べても美味しく、ピーマンと比べて栄養価も高いことからたちまち新顔野菜として人気が出ました。しかし、とても繊細な野菜のため栽培が難しく、国内消費のほとんどが輸入品。高温多湿な日本の気候がパプリカ栽培には向いておらず、国産パプリカはとても貴重な野菜のひとつです。

輸入物は未熟のうちに収穫して出荷されますが、国産は完熟したものを収穫するため栄養価が高く、甘みが強く、シャキシャキとした瑞々しい食感が魅力。生でかぶりつきたい美味しさです。国産パプリカ、見つけたらぜひお試しください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「庭でパクチーを育てる」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.240

=====================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

個性の強い香りが苦手で、しばらくの間苦手だったパクチー。野菜ソムリエとして「嫌いな野菜」をなくしたいと何度もチャレンジしているうちに、今では毎日でも食べたいくらい大好きな野菜となりました。

そんな中、ホームセンターでパクチーの種を発見。さっそく庭の鉢で栽培してみました。順調に発芽してスクスクと生長する様子が、窓から眺められるのも楽しく、毎日水と一緒に愛情をたっぷり注いで育てていました。収穫のベストタイミングより少し前から、待ちきれずにちょっとずつ食べていたのですが、そろそろ丁度よいサイズになりそうな時に、出張で家を離れる日が続きました。ようやく帰宅し久しぶりに鉢を覗いたら葉がない!見るも無残な茎だけになっていたのです。じっと目を凝らしてみると、青虫が数匹食事中。強烈な香りのパクチーを好む虫もいるようです。栽培するときは油断大敵です!ご注意くださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「食べる輸血!?ビーツの魅力」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.240

===========================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。先日、コールラビやズッキーニ、カラフルなジャガイモなど、珍しい野菜ばかりを育てている農園へお邪魔して農作業のお手伝いをしてきました。その中で赤や黄、渦巻き模様のビーツも収穫させてもらったのですが、このビーツという野菜、「食べる輸血」と言われるほど栄養が豊富です。見た目はカブのようですが、実はホウレンソウと同じ「アカザ科」の仲間で、ロシア料理のボルシチに使われることで有名です。鮮やかな赤はベタシアニン、また鮮やかな黄色はベタキサンチンというポリフェノールの一種。高い抗酸化作用を持ちます。カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、葉酸、食物繊維など様々な栄養素を含み、スーパーフードとも呼ばれています。茹でる場合は皮を剥かずに丸ごとゆっくり弱火で火を通すと栄養素や色素の流出を防ぐことができます。旬は6月~7月と11月~12月。珍しい野菜ですが見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「山うどは好きですか?後編」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.239

=======================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

今日は、試食販売でも大好評だったレシピをご紹介したいと思います。

皮むき・アク抜き不要の簡単レシピなので、ぜひお試しください。

 

レシピ名『山うどと豚肉の炒め煮』

【材料】

・山うど…150g(約1本分)

・豚バラスライス肉…100g

・醤油…大さじ2

・酒…大さじ1

・砂糖…大さじ1

・サラダ油…大さじ1

・だし汁…適量

 

【作り方】

①うどは、根元の固い部分を削り落し、皮付きのまま斜め5mm幅に切る。

・豚バラスライス肉は2cm幅に切る。

②フライパンにサラダ油を熱し、豚バラスライス肉を炒め、

全体に油がまわったらうどを加え軽くかき混ぜ、

調味料とひたひたより少なめのだし汁を入れ、

蓋をして煮汁が少なくなるまで煮て完成です。

 

一緒にPR販売を担当した、松尾ゆり子さん考案のレシピです。

野菜ソムリエの中でも“お料理上手”で有名なゆり子さんのレシピ、うどの旬もあと僅か。ぜひお試しくださいませ!

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「うすいえんどうとグリーンピース」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.239

=============================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

今回は旬のマメ科野菜の一つ、「うすいえんどう」と「グリーンピース」をご紹介します。この二つは兄弟のようにとても似ていますが、食べ比べるとそれぞれに個性があり、大変興味深いです。

どちらもさやを取って中の未成熟の豆を食べる「実エンドウ」。うすいえんどうは主に関西でよく食べられる豆でグリーンピースと比べて皮が薄く青みも強くないので上品な味わい。繊細な甘みがあり、ホクホクとした食感です。一方、グリーンピースは甘みと青みが強く、皮は厚みがあります。生豆は缶詰のものとは別格の味わいです。

おすすめの茹で方は塩を振ってしばらく置いた豆を熱湯に入れて4~5分茹で、火からおろしてそのまま冷まします。こうすることで豆にしわが寄るのを防ぐことができます。豆ごはんも昆布と酒と塩を入れて炊いたお米に後からこの豆を混ぜると美しく仕上がります。ぜひ旬の実エンドウで試してみてくださいね。

 

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「山うどは好きですか?前編」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.238

========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

真夏のような日差しが照りつけるものの、湿気がなくて過ごしやすい日が続いていますね!

そんな中、山うどのPR販売に行って来ました。うどが最も出回る時期は3月なのですが、ゴールウィークまで雪が残る長野県飯山市では、5月がシーズンなのだとか。“山うど”と言っても、一般的に売られているものは野生種でなく、土をかぶせて軟白栽培したものに太陽を当てて緑化させた“栽培もの”です。

売り場に立っていると、「大好きなの!緑色の部分は天ぷらに。白い部分は皮をむいて甘酢漬けに。皮はキンピラにして食べるの!」と、声をかけてくれるお客様の多いこと!独特な香りとほろ苦さに好みが分かれるところですが、想像以上に好きな人が多いことに気づきました。

次週は、試食でもお客様に大好評だったレシピをご紹介したいと思います。皮むき・アク抜き不要の簡単レシピなので、ぜひお試しください。お楽しみに!

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「スナップエンドウの春巻き 塩みかんチリソース」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.238

=========================================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
エンドウ、ソラマメ、インゲンとマメ科野菜が旬の季節ですね。今日はそんなマメ科野菜と塩みかんのレシピをご紹介します。

「スナップエンドウの春巻き 塩みかんチリソース」

【材料】(2人分)
スナップエンドウ 4個
桜えび 少々
ピザ用チーズ 10g
春巻きの皮 4枚
〇塩みかん(青) 小さじ1/2
〇酢 小さじ1
〇醤油 少々
〇一味唐辛子 少々

【作り方】
1.スナップエンドウはさっと茹でて冷ます。
2.1のスナップエンドウと桜えび、チーズを春巻きの皮で巻く。
3.2を少量の油(分量外)で揚げ焼きする。
4.〇の材料を合わせてソースを作る。

スナップエンドウは食感が残るように茹で時間は短めに。パリパリの春巻きとポリっとしたスナップの歯ごたえ、コントラストが楽しめます。そしてソースは塩みかんに一味唐辛子を混ぜてピリ辛でさわやかに仕上げました。揚げ物との相性もぴったりで、普通の春巻きにもおすすめです。よければ試してみてくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

野菜がもっと好きになる 「好きなタイミングで収穫する野菜」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.237

===========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

我が家の家庭菜園ではスナップえんどうと絹さやが最盛期を迎えています。幼い頃は祖母が独りで育てていたのですが、絹さやの収穫だけは率先して手伝っていた記憶があります。家庭菜園の良いところは、自分好みのサイズで収穫出来るところ。胡瓜やオクラを、生でそのままガブリと食べたい時は、売られているサイズより2割ほど小さめで収穫する方が、柔らかくて個人的には好みです。逆に絹さやは、さやがほんのり膨らむまで待ってから収穫します。そうすると、グリーンピース用の品種でなくても豆らしさを楽しむことが出来ます。

最近ではレンタル畑も増えて来ているようです。友人家族も子供と一緒に昨年から始めたそうで、「完熟トマトを畑でかじった時は感動した」と言っていました。平日は野菜の栽培を受け持ってくれて、土日だけ作業に行ける場所もあります。ご興味があったらいろいろ検索してみてくださいね!

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「ファーべ(ソラマメ)」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.237

=========================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

春は三寒四温と言いますが、今年はその温度差がいつもに増して激しく感じます。私たち人間の身体もびっくりしていますが、野菜や果物もきっとびっくりしているはずですね。春が旬のマメ科の野菜が今年は成りが早いようで、東京で農園を営まれている園主さんにお話を聞くと、ソラマメが例年の10日から2週間も早いと仰っていました。

ソラマメと言えば、収穫期があっという間に終わってしまう旬の短い野菜のひとつですが、なんとかなり古くから世界中の人に愛されてきました。古代ローマやギリシア、中東、中国など世界各地の古代遺跡から発見されています。中でもファーべというヨーロッパで主流の品種は世界で最も古い歴史を持つソラマメと言われています。糖度が高く、えぐみが少なく、生でも食べられる品種です。サラダソラマメとも呼ばれ、最近では日本でも作っている農家さんが出てきています。見つけたらぜひ試したいですね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)
1 / 612345...Last »