農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログ内検索

テーマ : 野菜・果物のお話

果物がもっと好きになる 「沖縄県産マンゴー」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.297

==================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

沖縄県産のマンゴーが市場に出回る季節になりました。先日、ひと足早く沖縄県産アップルマンゴーを食べる機会に恵まれました。真っ赤に輝くアップルマンゴー。北は北海道でも栽培されるようになって一時ニュースになりましたが、生産量は沖縄県が日本一。全体の約半分を占めています。亜熱帯気候が栽培に適しており、加温せずに自然に近い状態で育ちます。また、お中元シーズンと収穫シーズンが重なるので贈答用としても重宝されるようです。先日は沖縄本島の2大産地のアップルマンゴーを食べ比べました。地図で見るとどちらも南部に位置する近場の産地。しかも同じ品種のアーウィン。とはいえ、みかんでも生産者が異なると味に差が出るように、マンゴーも味わいが微妙に違い好みも人によって分かれました。この夏、もし沖縄に行く機会がありましたら、道の駅をはしごして自分好みのマンゴーを見つけてみてください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「べか菜をご存知?」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.297

===================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

ぐずついたお天気が続き、青空が恋しい今日この頃。知人の農家さんの畑にもなかなか遊びに行けずにおります。そんな中、近くのスーパーで聞きなれない「べか菜」という野菜を発見しました。関東の方でしたらご存知の方も多いのかもしれません。私は九州出身で初めて聞いた名前だったのですが、よくよく見ると袋にしっかり「山東菜」と書いてありました。

そもそも山東菜とは白菜の仲間で、本来はしっかり育てると白菜より一回り大きくなるアブラナ科の野菜です。関東では山東菜が小松菜程の大きさになる頃に若どりしたものを「べか菜」と呼ぶことがあるそうです。旬は冬なのですが、若どりでコンパクトに育てられるべか菜は初夏あたりまで出荷されていて、私は運よくお目にかかることができたようです。あっさりしていてくせがなくお浸しやスープにぴったり。サラダや浅漬けにも向いているのでもし見つけたら試してみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「自根きゅうり」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.296

===============================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

「昔ながらのきゅうりが食べたい!」という母が5月に自根きゅうりの苗を育て始めました。自根(じこん)きゅうりは、その名の通り、自分の根を持ったきゅうりのことです。現在、市場に出回っているきゅうりの大半は、かぼちゃを台木にした接ぎ木で、なぜ接ぎ木するかというと、自根きゅりは病害虫に弱く収量も少ないのです。皮がしっかりしている分、長時間の流通にも耐えられるという利点もあります。

自根きゅうりは育てにくいけれど、きゅうり本来の味がして美味しいというので、収穫したものと、接ぎ木のきゅうりを食べ比べてみました。その結果はというと・・・確かに違う!全然違いました。皮が柔らかく、何とも言えない歯ざわりと甘みがあります。苗がデリケートで収量も昨年の半分ですが、毎年食べ切れずに困る我が家にとっては丁度良いくらいの量かもしれません。今年は1本1本、大切に味わいたいと思います。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「十和田の発酵食品“ごど”」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.295

=========================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

日本各地に代々伝わる料理。皆さまの故郷にも、これを食べると地元に帰って来た!と実感する食べ物があるかと思います。

先日、青森県の十和田市にお邪魔したとき、そんな食べ物と出会いました。その名も「ごど」。

納豆に麹を混ぜてしばらく発酵させると、麹の旨味や甘味、さらに乳酸発酵の酸味が加わり、納豆に複雑な発酵フレーバーが加わった強烈な味になります。それが、十和田を中心とする青森県南部の各家庭に代々伝わる発酵食品「ごど」。昔、家庭ごとに手作りしていた「納豆」がうまくいかなかった時に偶発的に出来たのが始まりだそうで、それ故に家庭ごとに「レシピ」・「味」・「食べ頃」とされるタイミングすら異なるとか。興味深いですね!

来月5日に、渋谷ヒカリエでワークショップが開催されるようなので、さっそく行ってみたいと思います。感想や詳しい作り方は、また後日お伝えしますね。お楽しみに♪

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「パイナップルの栄養」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.295

====================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
今回は旬のパイナップルの栄養についてお伝えしていきます。

夏になると食べたくなるパイナップル。南国フルーツの代表格ですが、その甘さと酸味のバランスが絶妙で子供から大人まで人気の果物のひとつです。クエン酸やビタミンB1など疲労回復効果が期待できる栄養素を含み、夏バテ予防におすすめです。また、ビタミンCや食物繊維なども含み、美容やダイエットに取り入れたい食材でもあります。そして特筆すべきは、パイナップルに含まれるたんぱく質分解酵素であるブロメリンの働き。消化を助け、腸内の老廃物も分解してくれるという作用が期待されています。このブロメリンは熱に弱く、60℃以上に加熱すると効果を失うと言われているので、酢豚などには火を止めてから加えましょう。またはソースやドレッシングとしてすりおろしや細かく切ったものを使うのもおすすめ。食事の後にデザートとして食べるのもいいですね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「国産パイナップル」

小宅祐子さん vol.294

===================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

国産のパイナップルが多く出回る季節になってきました。実は日本で出回っているパイナップルのうち、国産のものは約1%とも言われています。そんな貴重な国産パイナップルを食べられるのはこの時期だけ!6月下旬から8月までが食べごろです。

パイナップルは追熟しない果物なので、いかに完熟で収穫するかが味を大きく左右します。外国産のものは輸送中に傷んでしまわないように完熟する前に収穫されることがほとんどです。国産ならば海外からの輸送ほど時間がかからない分、じっくりと完熟まで待って収穫することが可能。一番おいしい完熟を食べることができるのです。希少な国産パイナップルの中でも最近人気があるのが、スナックパイン(ボゴールパイン)。なんとお尻の方から皮を手でちぎって簡単に食べられる面白い品種です。甘酸のバランスが良く、芯まで食べられ、何より手軽さが魅力です。見つけたらぜひ試してみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「養蜂」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.293

============================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
みなさん、蜂蜜はお好きですか?今回は野菜・果物とは少し離れますが、同じくまさに自然の恵みである「蜂蜜」についてのお話です。
先日、山梨県道志村で養蜂を営んでいる「Bee farm道志」さんを訪ね、養蜂の現場を見せていただきました。まだ少し肌寒い日で、蜂たちも活発に飛び回ってはいなかったこともあり、かなり近くで体感できました。からの巣箱に蜂たちが一から巣を作って蜜を貯めていく様子を教えていただき、間近で見て、そのパワーに圧倒されました。時期によって咲く花が変わるため、季節ごとに味わいの変化を楽しめるというのも興味深いポイントで、私たちが伺ったのはGW直前、ちょうど桜の蜜の味が強いかなということでした。試食した蜂蜜はとてもクリアでこっくりと甘いのにすっきりとした後味。食べ飽きない美味しさで、何より今まさにこの蜂たちが集めてきた蜜だと思うとありがたさでいっぱいに。貴重な体験となりました。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「おいしさに感動を(後編)」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.292

=========================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

前回に続いて高糖度トマト「アメーラ」についてお伝えします。今回はなぜアメーラトマトがこんなに美味しいのか?その秘密に迫ります

アメーラは周年出荷のため静岡県・長野県に5つの生産拠点を持っています。選び抜かれた標高差の異なる5つの産地で生産することで、1年を通して安定出荷を実現させています。また、最高品質の高糖度トマトを届けるため、独自の厳しい糖度基準を設定。中玉のフルーツトマトであるアメーラは1/21~6/15の期間で8度以上、6/16~1/20の期間で7.5度以上。ミニのアメーラルビンズにおいては通年10度以上!そうして厳選されたものが私たちの手元へ届くという訳です。施設を見学させていただくと、育苗から収穫まで徹底した管理で手塩にかけて育てられていることがわかり、だからこそいつ買っても感動する美味しさなのだなと納得しました。今後は世界進出も計画中ということで益々アメーラから目が離せません。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

果物がもっと好きになる「タイ産マンゴスチン」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.291

==================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

世界三大美果のひとつとして数えられる「マンゴスチン」をご存じでしょうか?ひと昔前までは生マンゴスチンの輸入が禁止されていて、日本国内で食べられたのは冷凍のみでした。その頃、海外のレストランで食べた生マンゴスチンの上品かつ繊細な味わいに衝撃を受け、市場で大量に買い込みホテルでひたすら食べ続けた思い出があります。

その後、タイで蒸熱消毒の技術が確立され、2003年からタイ産生果実の輸入が解禁となり、国内でもフレッシュな状態で食べられるようになりました。赤紫色の果皮が非常に固く厚みもあるので、包丁のアゴを使い中央部分に一周切れ込みを入れると真っ白い果肉が顔を出します。みかんの房に似た形状が、とってもキュートです。両手で上下から力を加えると裂け目ができ、包丁なしでも食べられます。出回る時期は5月~7月頃まで。甘酸っぱく上品な味わいを、この時期にお試しください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「おいしさに感動を(前編)」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.291

=========================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
私は先日、高糖度トマトの代表格「アメーラ」の施設園芸を見学させてもらうため、静岡県駿東群小山町にあるサンファーム富士小山さんを訪ねました。実は私が野菜ソムリエになるかならないかという頃にこの「アメーラ」トマトに出会い、一気に大ファンに。長年のファンだったので、この訪問は念願かなって感無量でした。
サンファーム富士小山さんは地域資源とICTを活用した次世代施設園芸拠点としてアメーラブランドを牽引されています。最高品質を守る様々な取り組みを行い、環境への配慮・農福連携にも積極的に取り組んでおられます。美しく整備された施設を見学して感じたのは「働きやすそう!」ということ。ICTを活用しつつも“人”を大切にした農業をされていて、それは社長のお人柄からも滲み出ていました。
次回はアメーラブランドのトマトがどうして美味しいのか?その秘密をたっぷりご紹介したいと思います。お楽しみに。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)