農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブログ内検索

2018年4月

野菜がもっと好きになる 「牛肉まつり」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.234

===========================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

本日、4月29日は2(に)9(く)の日ということで、毎年、青森県十和田市では『牛肉まつり』が開催されます。広場に800名の市民が集まって高級な十和田湖和牛や十和田野菜をバーベキューで楽しむのです。私も何度か参加したことがあるのですが、カラオケ大会や抽選会もあって賑やかに盛り上がります。「野菜ソムリエです」というと「菜食主義者ですか?」と聞かれることが時折ありますが、健康のために様々な食材をバランスよく食べることをおススメしています。そして食べるシチュエーションも大切です。暗い部屋の中で食べるのと、気持ちの良い屋外で親しい仲間と一緒に食べるのとでは、栄養の吸収率が変わってくるという話を聞いたことがあります。

ゴールデンウィークはバーベキューを予定されている人もいると思いますが、お肉だけでなく、きのこ類や野菜も一緒に焼いて楽しい時間をお過ごしくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる「春ニラ」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.234

===========================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

毎日の温度変化に身体の疲れを感じている方も多いのではないでしょうか。今回は疲労回復にもおすすめの食材「ニラ」をご紹介します。

ニラは通年出回っているので旬を感じにくいかもしれません。また、スタミナ食材として使われることも多いので夏のイメージが強いですが、実は最も美味しい季節は春です。

とても生命力の強い野菜で、根本から刈ってもどんどん次の新しい葉が生えてきて、年に何度も収穫ができます。多い時には1シーズンで8回以上も刈り取ることができるのですが、その中でも春先に初めて出てくる“一番ニラ“は別格の美味しさ。刈る回数が増えるほど葉の幅が狭くなるので、一番刈りのニラが最も葉が太く、見た目にも違いがわかります。食べると驚くほどの柔らかさで、甘みがあり、香りもとても強いです。この時期だけの旬の味覚、春ニラ。サッと茹でておひたしにするなど、ぜひシンプルに召し上がってみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「そば粉で揚げる天ぷら」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.233

===================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先月、宮古島にある「島野菜デリじゃからんだ」という飲食店でワークショップに参加して来ました。

まずは野草を摘みに行き、そこで収穫した野草の効能などを教えてもらった後、お店に戻ってきて調理して天丼にしました。揚げたのは様々な野草。自宅で大葉を揚げるときも、葉物ってカラっと揚げるのが難しくありませんか?そんな問題を払拭する、美味しい揚げ方を教えてもらったのでお伝えしたいと思います。

使うのは小麦粉ではなくて蕎麦粉。そこに塩と水を加えてよく混ぜ合わせます。講師いわく、小麦粉と異なり蕎麦粉はグルテンがないので、ダマがなくなるまでしっかり混ぜ合わせても大丈夫なのだとか。油も鍋にほんの少し。足らなくなったらその都度足します。揚がった野草はしっかり衣がついているうえにサックサクで美味しく胸やけもしませんでした。山菜や大葉などの葉物をあげるときにぜひお試しください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「スナップエンドウの塩みかんハーブソース」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.233

===================================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
春を通り越して初夏の陽気を感じる日もありますが、過ごしやすい日が増えてきましたね。春を感じるお野菜も続々と出てきました。今日は旬のマメ科野菜、スナップエンドウのレシピをご紹介します。

「スナップエンドウの塩みかんハーブソース」

【材料】(2人分)
スナップエンドウ 7~8さや
〇塩みかん 小さじ1/3
〇マヨネーズ 小さじ1
〇ヨーグルト 大さじ1
〇お好みの乾燥ハーブ(バジル・タイムなど)少々

【作り方】
1. スナップエンドウは筋を取り、1分ほどさっと茹でて水にさらし、半分に切る。
2. 〇の材料を合わせてよく混ぜる。
3. 1を皿に盛り、上から2を回しかける。

食感を楽しみたいのでスナップエンドウは短めに茹でて水にさらします。しっかり水気をふき取ってソースとあわせてくださいね。塩みかんとハーブの2種類の爽やかさがマヨネーズやヨーグルトと相性ぴったり。インゲンや蒸し鶏などにもおすすめのソースです。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

果物がもっと好きになる 「果物はいつ食べる?」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.232

===================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

セミナーで「果物を毎日食べていますか?」という質問をすると、「毎日食べている」という方が意外と多いことに喜びを感じる今日この頃です。ではどのタイミングで食べているかと尋ねると、食後に食べている方が殆どのようです。消化の観点から考えると、実はちょっと勿体ないタイミングだったりします。果物には食べ物を消化するのに必要な酵素がたっぷり含まれているため、食事が数時間かけて胃から腸に届くのに対し、たったの30分で腸まで届きます。そのため、食後に果物を食べると先に食べた食事に道をふさがれて立ち往生してしまいます。

これを踏まえて果物を食べるなら先に食べて、その後30分ほど置いてから食事をするのが効果的なのだそうです。「30分も待てない」という方は、3時のおやつタイムに果物を食べるようにすると良いかもしれません。せっかくたっぷり含んだ酵素を有意義に使いましょう!

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「キャベツの千切り」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.232

===================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
ふわっと軽い春キャベツの美味しい季節。千切りにしてたくさん食べたい!そんな方も多いのではないでしょうか。

さて、みなさんはいつもどのようにキャベツを千切りにしていますか?繊維に沿った切り方?繊維を断ち切る切り方?千切りの方向を変えるだけで食感や味に変化が生まれます。

まず繊維に沿った方向、つまり葉脈と平行に切るとシャキッとした食感が残り、噛めば噛むほどキャベツのうま味を感じられます。水分も出にくいので、千切りにした後に調理するお好み焼きなどにおすすめです。逆に繊維を断ち切るように葉脈に垂直に包丁を入れるとやわらかくふんわりと仕上がります。キャベツの甘みを感じやすく、口当たりがやさしいのでとんかつやコロッケの付け合わせにぴったりです。

その日の気分や、使うお料理、食べ合わせるものによって切り分けて、旬の春キャベツをたっぷり楽しんでくださいね。

 

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「ミニトマト入り爽やかスープ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.231

========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先週はミニトマトの品種をご紹介しましたが、今日はそんなミニトマトとミヤモトオレンジガーデンから発売されている「塩みかん(青みかん)」を使ったレシピをご紹介したいと思います。

鶏ガラスープに塩みかんを加えて味を調えます。そこに、刻んだパクチーと4等分にカットしたミニトマトを入れてひと煮立ちしたら完成です。あまり煮すぎてしまうとミニトマトが崩れてしまうので早めに火を消すのがポイントです。

パクチーが苦手な方は、ニラや万能ネギで代用してください。ミニトマトはできれば「アイコ」のような、味が濃くて果肉がしっかりしているものがベストです。溶き卵を加えて卵スープにすると、タンパク質も一緒に摂れて栄養価も高まります。卵の代わりに素麺を入れると、立派な主食にもなります。ミニトマトの酸味と塩みかんの爽やかな香りが、これからの季節にピッタリですよ。よかったらお試しください。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「やさいの手まり寿司 塩みかんを添えて」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.231

=================================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
春の陽気に誘われて、ピクニックに出かけたい!そんな気分ですね。ピクニックのお供と言えばお弁当。おにぎりもいいですが、見た目も可愛い「やさいの手まり寿司」はいかがでしょうか。

【材料】(2人分)
酢飯 1合分
小松菜 3~4枚(葉のみ)
にんじん 1/4本
ラディッシュ 2個
だし汁 50㏄
塩みかん 少々

【作り方】
1. 小松菜はさっと茹でて水気をしっかり絞る。にんじん、ラディッシュは薄い輪切りにする。
2. 1の野菜をそれぞれ別の容器でだし汁に30分ほど浸しておく。
3. ラップに軽く水気を切った小松菜1枚を広げ、その上に酢飯を置いて包み、丸く成型する。にんじんとラディッシュはラップに3枚ずつ少し重なるように並べ、その上に酢飯を置いて同じように丸く成型する。
4. ラップを外し、塩みかんを添える。

 

野菜が鮮やかな手まり寿司ですが、もちろん鯛やサーモンといった魚を使っても塩みかんとの相性は抜群です。良ければお試しください。

 

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

野菜がもっと好きになる 「手軽に食べられるミニトマト」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.230

========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

包丁を使う必要がなく、洗うだけでそのまま食べられる手軽さから、ミニトマトの需要が高まっているようです。品種も様々なものが出て来ています。道の駅や直売所を覗いてみると、地元の農家さんが珍しい品種を出していることが多いので、旅行や出張で他県を訪れるときは必ずチェックするようにしています。今回はそんな旅先で出会った美味しい品種をご紹介したいと思います。

ひとつ目は「シュガープラム」。皮も果肉もしっかりしていて食べ応えがあります。噛むほどに旨みと甘みが口の中いっぱいに広がり、あっという間に1パック食べきってしまいました。

ふたつ目は、「ピンキー」。ポップに「皮が堅くない!」と書いてあった通り食べやすかったです。ブドウのデラウエアのような食感と風味があって果物のような感覚で食べられました。これからの季節、旅先でのおやつに地元で採れたミニトマト、ぜひお試しください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)
1 / 11