農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブログ内検索

テーマ : みかんの楽しみ方

みかんでもっと笑顔になる 「みかんとケールの出会い」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.269

========================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

2018年もそろそろ終わります。今年はどんな年でしたか?私は今年も様々なシーンで柑橘を楽しんだ一年となりました。そんな中で先日、また一つ新しい柑橘体験をしました。銀座の山形アンテナショップの2階にある‘サンダンデロ’というレストランでシェフ特製クリスマスディナーをいただいたときのこと。コース料理の一品に「ケールとミカンとナッツのサラダ」がありました。これがなんと、輪切りにスライスされたみかんが皿に鎮座するインパクトのある一皿で、ほろ苦く固めな食感のケールと甘くジューシーなみかん、そこにカリっとしたナッツのアクセントが絶妙なバランスで調和していました。ケールの濃い緑にみかんの鮮やかなオレンジが映える見た目にも美しいお料理で、まだまだみかんの新しい食べ方があるなと感動しました。

来年も野菜や果物の新発見をどんどん発信していきたいと思います。

それではみなさまどうぞ良いお年を。

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

みかんでもっと「ポマンダーの作り方」

笑顔になる 野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.263

===================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

前回、高知県産のゆずを使ったポマンダー作りワークショップを行った様子をご紹介しましたが、今回はポマンダーの詳しい作り方をご案内します。

まずは、オレンジやゆずなどの柑橘を準備します。レモンや姫りんごなどもおすすめです。皮に竹串で穴をあけ、クローブ(丁子)というスパイスをまんべんなく刺していきます。作っている最中はフルーツとスパイスの香りが立ち上ってそれは幸せな気分に!癒しの時間です。刺したクローブが果汁を吸ってしっとりとしたら、シナモンパウダーを振りかけてまんべんなくまぶします。パウダーをまぶしながら2~3日転がして、そのあと紙袋などに入れ、吊り下げて乾燥させます。その間お部屋が良い香りに満たされます。1か月ほどで完全に乾燥したら出来上がり。リボンをかけてクリスマスツリーのオーナメントにしたり、リースに飾ったりと香りと見た目で冬を彩ってくれます。ぜひ試してみてくださいね。

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる「ゆずでポマンダー作り」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.262

=====================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

先日、築地から移転オープンした豊洲市場の開場記念イベントで高知県産ゆずを使ったポマンダー作りのワークショップを開催しました。そもそもポマンダーとは何かと言いますと、柑橘などのフルーツにクローブというスパイスを刺して作る天然の芳香剤です。古くはヨーロッパが起源と言われていて、病気の予防や魔除けにしていた香りのお守り。使用するスパイスのクローブやシナモンには抗菌・殺菌効果が期待でき、携帯することで当時流行っていた疫病などを予防できたとされています。また、クローブの香り成分は媚薬として働くとも言われ、惚れ薬的な活用方法もあったとか、なかったとか。

通常はオレンジで作ることの多いポマンダーですが、今回は高知県産の高品質なゆずを贅沢に使ったポマンダー作りを体験していただきました。会場はゆずの良い香りがふわっと香る癒しの場に。次回、詳しい作り方をご紹介します。

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「ミヤモトオレンジガーデンへ」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん  vol.260

==========================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

極早生みかんが始まり、いよいよ今年もみかんシーズンの開幕ですね。そんな中、私は秋晴れの愛媛県八幡浜市へ行ってまいりました。

ミヤモトオレンジガーデンさんのみかん畑を見学させていただいたのですが、細い車道をぐんぐん上って着いた、その場所からの景色は何度見てもやはり絶景でした。急斜面に広がるみかん畑、そしてその奥には海。愛媛県のポスターになるのも納得の素晴らしいロケーションです。一足お先にまだ緑色の残る早生みかんを味見させていただくと、酸味も甘みもあり味が濃く、このままで十分美味しい!とびっくり。しかし、樹上で鮮やかなオレンジ色に色づくまでもう少しの辛抱です。これ以上美味しくなるのかと思うと自然と顔がにやけてしまいます。今年は全国的にみかんの表年と言われているので、柑橘好きにはたまらないですね。これから春先まで続く、柑橘のハイシーズンをともに楽しみましょう!

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

果物がもっと好きになる 「お盆に食べるハウスみかん」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.250

=======================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

お盆を過ぎると涼しくなると言われていますが、今年はまだまだ暑い日が続きそうですね。お盆というと、我が家では昔から楽しみにしている果物がありました。それはハウスみかん。お客様に召し上がってもらう為に買ってくるものなので、果物カゴに山盛り積んであっても、家族が味わえるのはお盆が終わってから。それ故、食べられる時と食べられない時がありました。冬が旬のみかんを夏に食べられる優越感と、必ずしも食べられる訳ではないというスリル感が、より「美味しく」感じさせているような気がします。個人的には、やっぱりみかんは寒い時期にこたつで暖をとりながら、果汁で喉を潤すのが一番美味しいように感じますが、生産者さんの努力の甲斐あって、ハウスみかんも年々美味しくなって来ているように思います。夏場のハウスみかんを未だ食べたことがないという方は、ぜひ1度お試しになってみてくださいね。

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

みかんがもっと好きになる 「塩みかんドレッシング好評です。」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.228

=============================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先週は、ミヤモトオレンジガーデンから発売されている『塩みかんドレッシング』のPRで『国際食品・飲料展 FOODEX JAPAN20118』に行って来ました。

ドレッシングを味わってもらうための試食に何を出すか?社長と相談し、青みかんを使ったドレッシングの方はレタスと鶏ムネ肉のサラダにしました。野菜はもちろんカルパッチョや餃子のつけダレなど、何にでも使ってもらえるのですが、実は青みかんを使った方は、中でもちょっと苦みのある野菜との相性が抜群なのです。レタスやクレソン・かいわれ大根などのスプラウト類に、蒸した鶏肉を食べやすい大きさにほぐして、ドレッシングをかけると、食べごたえのある爽やかな味わいのサラダになります。火で炙った海苔を千切って加えると更に美味しいです。

試食をしてくださった方も口々に「おいしい!」と言ってくれて手応え十分な商談会となりました。

ぜひお試しになってみてくださいね!

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「八朔を味わい尽くす」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.225

====================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

柑橘の中でもコアなファンが多い「八朔」ですが、何を隠そう私もその一人です。独特のほろ苦さが病みつきになる、他とは一味違う柑橘ですよね。よく4個でネットに入って販売されていたりしますが、一気に無心で剥くと剥きづらさも案外気になりません。もちろん素のままでも楽しみつつ、砂糖漬けにしたり、サラダにしたりと、あっという間に食べきってしまいます。

ここでおすすめの食べ方をひとつご紹介。レタスとミニトマト、イタリアンパセリのサラダに少しつぶしながら八朔を散らします。上からエキストラバージンオリーブオイルを回しかけ、ほんのひとつまみの塩を振ってやさしく和えれば出来上がり。さわやかなパセリの芳香とほろ苦い八朔の酸味がアクセントになるシンプルなサラダ。八朔の美味しさが際立ちます。もちろんお好きな野菜を加えていただいても結構です。旬の八朔でぜひ試してみてくださいね。

category : みかんの楽しみ方comments : (0)
1 / 11