農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログ内検索

2018年7月

果物がもっと好きになる 「甘酸っぱさが魅力のプラム 後編」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.247

===========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先週はプラムの酸味がカラダにもたらす効果についてお話しましたが、今週は、プラムを使った簡単スイーツ「ミント香るプラムのマチェドニア風」をご紹介したいと思います。

【材料】

・プラム…1パック

・きび砂糖…大さじ2~大さじ3

・ラム酒…小さじ2

・ミントの葉…適量

【作り方】

①プラムの種を除き、6等分にカットする(皮はそのまま)。

②ボウルに①ときび砂糖、ラム酒、細かく刻んだミントの葉を入れてよく混ぜ合わせる。

③冷蔵庫で半日ほど冷やして完成。朝食のヨーグルトに加えたり、細かく刻んでジンジャーエールで割ってドリンクにしても美味しいですよ。

 

プラムには様々な品種がありますが、果肉が赤いソルダムを使うと見た目も鮮やかな仕上がりになります。砂糖の量はお好みで調整してください。皮が気になる場合は、ヨーグルトと氷を一緒にミキサーに入れてスムージーにして召し上がってみてください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「日本のハーブ・大葉」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.247

===================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

危険なほど暑い日が続きますね。こうも暑いとどうしても食欲が出ない日もあります。夏バテ対策のためにも食事から栄養をしっかりと摂取したいところです。

そこで、日本が誇る代表的なハーブ・大葉を上手に活用して食欲不振を撃退しましょう。大葉は野菜の中でもトップクラスのβ‐カロテン含有量で100g中になんと11000㎍も含みます。にんじんが100g中に9100㎍ですから、それを凌ぐ含有量なのです。しかし、実際に大葉を100gも食べられるかと言えば、無理な話ですよね。ただ、少量でも多くのβ‐カロテンを摂取することができると言えるので、効果的にピンポイントで取り入れたい野菜です。さらに大葉の清々しい香りの成分は主にペリアルデヒドという芳香成分で、強い防腐・殺菌作用があります。しかもこの香りによって食欲増進効果や健胃効果もあると言われています。次回はそんな大葉の夏バテ解消レシピをお届けします。お楽しみに。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

果物がもっと好きになる 「甘酸っぱさが魅力のプラム 前編」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.246

============================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先日、プラムのPR販売で量販店にお邪魔したときの話です。カットしたものを試食でお配りしたのですが、半数以上のお客様が「酸っぱい」という感想を言っていかれました。

甘い果物が好まれる傾向があるなかで、「酸っぱい」は褒め言葉の逆として発せられることが多いですが、果物が持つ「酸味」には私たちのカラダにとって嬉しい効果があることをご存じでしょうか?プラムに含まれるクエン酸やリンゴ酸には肝機能を高める効果があります。カリウムも多く含むので、夏バテしそうなこの時期は、積極的に食べていただきたい果物です。

なお、プラムに含まれる栄養成分は特に皮の部分に多く含まれているので、できれば皮ごと食べることをおススメします。1つ食べてみて、食べられない程酸っぱいと感じたら、常温のまま1~2日おいてから召し上がっていただくと、酸が抜けて食べ易くなるので、ぜひお試しくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「すもももももももものうち?」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.246

===========================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

今年は運良く李(スモモ)をいただく機会が多く、例年よりもたくさん楽しんでおります。李はとても品種が多く、有名なところでは大石早生やソルダム、ケルシーや貴陽といったものがあります。さっぱりとした甘みにキュッとくる酸味で今年のような暑い夏にぴったりの果物です。

ところでみなさん、李と桃どちらがお好みですか?「すもももももももものうち」という早口言葉がありますが、確かに形や味などとても似ています。しかし、李はバラ科サクラ属、そして桃はバラ科モモ属で、植物学上ではどちらかと言えば李はさくらんぼに近い果物と言えます。大きな違いは果皮に毛があるかどうかと酸味の強さ。桃には毛があり酸味の少ないものが多く、李は小振りで果皮に毛は無く酸味が強いという特徴があります。甘い果物が人気の昨今ですが、酸味のきいた李も暑い夏にはおすすめです。私も今年は様々な桃や李を食べ比べてみたいと思います。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

果物がもっと好きになる「沖縄県産ミニマンゴー」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.245

===================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先日、7年ぶりに沖縄本島の本部町へ行って来ました。

本部町へ行くには、那覇から高速に乗って許田のインターで降りるのが最も近く、降りてすぐの場所に道の駅「許田」があり、地元で採れた野菜や果物が沢山販売されています。今回も寄ってみたところ、ミニマンゴーが沢山陳列されていました。沖縄のマンゴー農家さんは、2月に虫を使って受粉を促すのですが、気温が適温よりも低いと受粉がうまくいかず、鶏卵くらいのミニサイズで完熟してしまいます。別名「種なしマンゴー」とも言います。「今年はミニマンゴーの出荷が多いです」とお店の方が教えてくれました。農家さんにとっては、通常サイズで収穫できる量が減ってしまうという事なので、決して良い事ではありません。とはいうものの、見かけたらぜひ1度召し上がってみてください。種が小さい分、食べられる部分が多く、甘さや香りが濃厚でとても美味しいですよ。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「色や形も楽しめる!ズッキーニ」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.245

===========================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

7月初旬から暑い日が続きますが、夏バテせずに野菜や果物のパワーで元気に乗り越えたいですね。

夏野菜と言えば、カラフルで見た目にも元気をくれるものが多く、中でもズッキーニは特に面白い野菜と言えるのではないでしょうか。皮の色は緑や黄色をはじめ、白やバイカラーなど様々。形も細長いものから球形、UFO型など変わったものがたくさんあります。最近ではスーパーなどでも丸いズッキーニを見かけることが増えました。コロンと丸い形を活かして、中をくり抜いてグラタンなどにしてもいいですし、厚めにスライスして米ナスのようにステーキにしても。ズッキーニは火の通りが早く、あっという間にトロッとした食感になり、大きいままでも比較的使いやすい食材です。低カロリーで、カリウム、ビタミンC、β-カロテンなども含み、生・焼・煮などどんな調理法にも向く夏の強い味方。様々な色や形を楽しんでみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「ズッキーニのピリ辛おつまみ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.243

========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先日、長野からレシピ開発用のズッキーニが沢山届きました。まだチクチクするほど新鮮なズッキーニ。

折角なので塩みかん(完熟)を使って1レシピ考えてみました。切って混ぜるだけの簡単レシピなのでよかったらお試しくださいね。

【材料】(作りやすい量)

・ズッキーニ…1本(150g)

・ゴマ油…大さじ1

・コチジャン…小さじ1

・塩みかん(完熟)…小さじ1/2

・白ゴマ…ひとつまみ

【作り方】

①ズッキーニのヘタを切り落とし、薄い輪切りにします。

②大きめのボウルにゴマ油、コチジャン、塩みかんを入れ、よく混ぜ合わせます。

③ ②のボウルにズッキーニを入れて軽く揉み込んだら器に盛り、白ゴマを振って完成です。

 

ズッキーニは生でも食べられるので、暑くて火を使いたくない日の料理にもおススメです。冷たいお出汁と一緒に冷ご飯にかけもいいですし、冷奴のトッピングにもなりますので、ぜひお試しください♪

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「トマトと塩みかんのシャーベット」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.244

==============================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
関東では早々と梅雨明けして、毎日暑い日が続いています。こうも暑いと冷たいものが食べたくなりますよね。今日は冷凍トマトを使った「トマトと塩みかんのシャーベット」をご紹介したいと思います。

【材料】2人分
トマト 1個
ミニトマト 3個
塩みかん(完熟) 少々
バジル 2~3枚

【作り方】
1.トマトは洗って水気をふき取り、ラップに包んで冷凍する。
2.1のトマトをすりおろしてシャーベットにする。
3.ミニトマトは半分に切り、器に盛りつける。
4.3の上に2を盛り、塩みかんとバジルを乗せる。

トマトは冷凍するとうま味成分であるグルタミン酸がアップします。これをすりおろすだけで簡単にお洒落な一品に。あえて甘みをつけずに塩みかん(完熟)の甘い香りと塩気でさっぱりとした前菜やお口直しのグラニテにしてみてはいかがでしょうか。
上に乗せた塩みかんとトマトのシャーベットをざくざくと混ぜながらお召し上がりください。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

野菜がもっと好きになる 「手作りコーンのヒゲ茶」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.243

===================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先日は皮つきヤングコーンの話をしましたが、一袋分皮をむくと、結構な量のヒゲが出ます。これを捨ててしまっては勿体ない。利尿作用があることから、むくみ防止やデトックス効果が期待できる食材なのです。

韓国のお土産としても好評のコーンのヒゲ茶ですが、簡単に自宅でも作ることが出来ます。まず、艶々なヒゲをザルに広げて天日干しをします。夏の時期でしたら1時間程度で水分が抜けるでしょう。それからキッチンバサミを使って1~2㎝の長さにカットします。これは炒めるときに絡まないようにするためです。フライパンを火にかけ、ヒゲを入れて焦げないように注意しながら乾煎りします。全体的に茶色っぽくなって、甘く香ばしい香りが立ってきたら完成です。茶こしに入れて、お湯を注ぎます。10分ほど待てば紅茶よりほんのり薄い色合いのヒゲ茶の出来上がり。甘くて香ばしい味わいをぜひお試しくださいね。

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)