農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログ内検索

テーマ : 野菜・果物のレシピ

みかんでもっと笑顔になる 「サラダ記念日」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.453

===============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
7月6日は「サラダ記念日」。歌人・俵万智さんの代表作「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」という歌に由来します。作者が7月6日を選んだのは、何でもない普通の日こそ記念日と思えるような歌にしたかったからだそう。その理由がとっても素敵だなと思います。という訳で、毎年この日はとっておきのサラダを自分の好きな方と食べるのはいかがでしょうか?今回は夏のサラダにぴったりのドレッシングをご紹介します。

「青紫蘇とトマトのドレッシング」

【材料】作りやすい分量
青紫蘇 5枚
ミニトマト 5個
かつお節 ひとつまみ
オリーブオイル 大さじ1
酢 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
はちみつ 小さじ1
(塩 少々)
【作り方】
1.青紫蘇とミニトマトはみじん切りにする。
2.すべての材料をよく混ぜ、塩で味を調える。

オクラや揚げナスなど夏野菜にぴったりのさわやかでうまみもあるドレッシングです。試してみてくださいね。

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「ケールチップス」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.446

================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
前回に引き続き、イタリア野菜のお話です。今回は「ケール」について。ケールと聞くとあの青汁の材料の…、苦くてかたい…、といったイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし最近では生でもおいしいサラダケールが主流になってきました。栄養価が高く、食べやすくなったケールをさらにおいしく、たくさん食べられるおすすめレシピが「ケールチップス」です。

【材料】(2人分)
ケール(カーリータイプ) 3~4枚
オリーブオイル 大さじ2
塩 少々
黒胡椒 少々

【作り方】
1.ケールをひと口大にちぎってボウルに入れる。
2.オリーブオイルを回しかけ、全体にからませる。
3.2を耐熱皿に重ならないように並べ、レンジ600Wで4分程度加熱する。
4,好みの塩加減で塩をふり、黒胡椒を挽く。

電子レンジで簡単にパリパリサクサクのケールチップスが完成。オリーブオイルをごま油に変えると韓国のり風に。ぜひ試してみてください。

 

 

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)

果物がもっと好きになる 「調理用バナナの中華風ポタージュ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.423

===========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。先月ご紹介した調理用バナナの美味しさにはまっています。今回は、調理用バナナを使ったポタージュをご紹介したいと思います。ジャガイモでも代用できるので、よかったらお試しくださいね。

【材料】(2人分)

・調理用バナナ(プランテイン)‥1本(150g)

・長ネギ‥1/2本

・干しエビ‥大さじ1

・成分無調整豆乳‥200ml

・鶏ガラスープの素‥小さじ1

・ゴマ油‥小さじ2

・水‥200ml

【作り方】

①調理用バナナの皮をむき、1㎝幅の輪切りにする。長ネギは粗ミジンにする。

②鍋にゴマ油と干しエビを入れて火にかけ、香りがしてきたら①を入れて軽く炒める。

③水と鶏ガラスープの素を加え、アクを取りながら5分ほど煮る。

④ミキサーで滑らかになるまで攪拌してから鍋に戻し、豆乳を加えてひと煮立ちしたら完成。

調理用バナナの優しい甘さと、ぽってりとした独特の喉越しと食感がクセになる美味しさです。

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「野菜スープのすすめ」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.433

====================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
まだまだ寒い日が続きます。そんな時には野菜がたっぷりとれて温まる「食べるスープ」がおすすめ。具材たっぷりで1皿だけで栄養バランスもいいスープを作れば、忙しい日の朝ごはんにも遅くなった日の晩ごはんにもなります。ここで一つ簡単スープレシピをご紹介。
「ショウガとレンコンのひき肉スープ」

【材料】(2人分)
レンコン 100g
長ネギ 1本
鶏ひき肉 100g
ショウガすりおろし 大さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ2
水 500ml
塩 適量

【作り方】
1.レンコンはすりおろし、長ネギは小口切りにして鍋に入れ、水を加えて火にかける。
2.煮立ったらひき肉、ショウガ、鶏ガラスープの素を加えて、肉をほぐしながら火が通るまで加熱する。
3.最後に塩で味を調える。

レンコンをすりおろすことでとろみがついて熱々の冷めにくいスープに。ひき肉が入るのでしっかり食べ応えもあります。お好みでしいたけやえのき、豆腐を加えるのもおすすめです。

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「発酵白菜」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.426

=============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
今回は旬の白菜を使った腸が喜ぶ発酵食をご紹介します。みなさんはキャベツで作る発酵食品「ザワークラウト」をご存じですか?同じ作り方で白菜も発酵食品に。より水分量が多い分、発酵しやすいと言えます。

「発酵白菜」

【材料】(作りやすい分量)
白菜 1/4個(約500g)
塩 白菜の重量の2%(約10g)
昆布 3㎝角1枚

【作り方】
1.白菜は洗って水気を切り、ざく切り、または千切りにする。
2.ジップ付きの保存用袋に入れ、分量の塩を振りかけよく揉みこむ。
3.水気が出てきたら昆布を入れて空気を抜いてバットに乗せ、重しをして常温で3~5日ほど置いておく。

白菜全体が水分に漬かっていることがポイント。時間が経つとぷくぷくと泡が出てきます。これが乳酸発酵している合図!おいしい酸味とうまみがたっぷり。そのまま食べてもよし。お鍋にしてもよし。酸辣湯風になるので、インスタントラーメンやうどんのトッピングにもおすすめです。

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「とっておきのさつまいもごはん」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.412

============================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
秋はさつまいもがおいしい季節。今回はとっておきのさつまいもごはんレシピをご紹介します。

「さつまいもごはん」

【材料】(2合分)
米 2合
さつまいも 1本
にんじん 1/2本
昆布(5㎝角) 1枚
水 380ml
酒 大さじ1強
塩 小さじ1/2
黒ゴマ 少々

【作り方】
1. 米は洗って20分程浸水させておく。
2. さつまいもは皮付きのまま、にんじんは皮をむいて1㎝角のサイコロ状に切る。さつまいもはサッと水にさらす。
3. 炊飯器に米、昆布、水、酒、水気を切ったさつまいも、にんじんを入れて塩を加え、炊飯する。
4. 炊き上がったら器に盛り、お好みで黒ゴマをふりかける。

塩分も控えめで、シンプルながら昆布のやさしい旨みが効いています。さつまいもとにんじんの甘みを最大限に引き出し、素材のおいしさを感じられるレシピです。さつまいものおすすめ品種は、皮の色がきれいで甘みが強いのに上品な甘さの「紅はるか」です。よければ試してみてください。

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「新たまねぎで万能調味料作り」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.393

===========================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。

春は新じゃが、新ごぼうと新の付く野菜が多く出回ります。新たまねぎもそのひとつ。暑さに弱いたまねぎは夏前にピークを迎え、今まさに旬の食材です。今回はみずみずしく辛みの少ない新たまねぎをおいしく食べる方法をご紹介します。

「新たまねぎのピクルス」

【材料】(2人分)

新たまねぎ 1個

酢 100ml

しょうゆ 大さじ2

【作り方】

1. 新たまねぎは繊維の方向に薄切りにする。

2. 1を耐熱容器に入れてレンジで1~2分加熱する。

3. 2が熱いうちに酢としょうゆを加えて混ぜる。

 

お好みで砂糖を入れて、甘めに仕上げるのもおすすめです。焼いたお肉やお魚のソース代わりに使うのはもちろん、きのこのマリネに加えたり、小松菜のおひたしに混ぜたりと使い方は無限大。まさに万能調味料です。おいしい上に、たまねぎに含まれるケルセチンという成分には抗酸化作用があるので、血液サラサラ効果も期待できます。試してみてくださいね。

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「夏バテ対策!塩みかんレシピ」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.354

===========================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
暑い日が続き、食欲が落ちてきた方も多いのではないでしょうか?今年は例年よりもしっかりと食べて免疫力を落とさないようにしたいですね。そこで、夏バテ対策として、疲労回復に効果が期待できるビタミンB1を含む豚肉レシピをご紹介します。
「豚のトマト巻き 塩みかん風味」

【材料】(2人分)
豚薄切り肉 6枚
ミニトマト 6個
大葉 6枚
塩みかん(青みかん) 適量
酒 大さじ1

【作り方】
1. 豚の薄切り肉を広げ、塩みかんを薄くぬる。
2. 1の上に大葉とミニトマトをのせて巻く。
3. フライパンに油(分量外)をひいて2を焼きはじめ、酒をふって転がしながら火を通す。

 

トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用があり、紫外線ダメージなどから守ってくれる効果も期待できます。豚肉には塩みかん(青)のさわやかな風味が相性抜群。食欲を刺激してくれます。塩みかんを梅肉に変えてもおいしいので、真夏のレシピとして良ければ試してみてくださいね。

みかんでもっと笑顔になる 「腸活オクラレシピ」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.352

===================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
前回、腸活にぴったりの野菜「オクラ」のおいしい茹で方をお伝えしました。今回はおいしく茹でたオクラを使った簡単腸活レシピをご紹介します。

「オクラキムチの冷奴」

【材料】(1人分)
オクラ 2~3本
キムチ 20g
豆腐 100g
しょうゆ 少々

【作り方】
1. オクラは板ずりしてサッと茹で、小口切りにする。
2. ボウルに1とキムチを合わせ、しょうゆを一まわしして和える。
3. 豆腐に2をのせる。

発酵食品であるキムチと水溶性食物繊維たっぷりのオクラはシンバイオティクスと言って腸活におすすめの組み合わせです。私たちの腸で働いてくれている腸内細菌を育てる食べ合わせである上に、豆腐でたんぱく質もしっかりと摂れるレシピになっています。オクラキムチは豚肉との相性も良いので、冷しゃぶのたれの代わりにしても。オクラのネバネバがキムチの辛みをマイルドに感じさせてくれるので、辛みが苦手な方も良ければ試してみてくださいね。

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「簡単!野菜のおかず⑦」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.343

=======================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
エンドウ、ソラマメ、インゲン…と春は豆野菜も旬ですね。今回はスナップエンドウを使った簡単おつまみをご紹介します。

「焼きスナップエンドウのナムル風」

【材料】(2人分)
スナップエンドウ 100g
ゴマ油 大さじ1
塩 ひとつまみ

【作り方】
1 スナップエンドウはヘタとスジをとり、フライパンで時々返しながら、蓋をして両面に焦げ目がつく程度に蒸し焼きにする。
2 焦げ目がついたら蓋を取り、ゴマ油を回し入れて軽く炒め、火を止める。
3 全体にまんべんなく塩をふる。

いつもは茹でることの多いスナップエンドウも焼いてみると新たな魅力を発見!香ばしくておつまみにもぴったりです。蓋をして蒸し焼きにすることで豆の甘さを引き出しつつジューシーな仕上がりに。ゴマ油の代わりにオリーブオイルとニンニク、鷹の爪でペペロンチーノ風にするのもおすすめです。ビールや白ワインのお供にいかがでしょうか。

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)