農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログ内検索

みかんでもっと笑顔になる 「自然薯の日」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.472

=============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
11月16日は6という数字を「も」の字に見立てて、11(いい)16(いも)の語呂合わせから自然薯の日に制定されています。自然薯は日本原産のヤマノイモ科・ヤマノイモ属に分類されるつる性植物。正式には「山芋(ヤマノイモ)」と言い、形は似ていますが、長芋とは別品種です。独特の甘みがあり、粘りが強いことが特徴です。その滋養強壮の効能から「山菜の王者」や「山のうなぎ」とも称されていて、消化酵素であるアミラーゼを豊富に含みます。酵素は熱に弱いため、生で食べるのがおすすめ。よく、自然薯と長芋の違いを聞かれることがありますが、大きな違いは「水分量」。長芋は水分量が多いため、すりおろしても粘り気が少なく、逆に自然薯は強い粘り気があり、味も濃く感じます。出汁で割ってもその粘り気が弱まることがないので、とろろに最適です。旬は11月中旬から12月ごろ。実際に圧倒的な粘りの違いを確かめてみてくださいね

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です