農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログ内検索

農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデンは、みかんを通じてお客様・取引先・従業員とその家族のしあわせに貢献し、みかんの新しい文化を創りたいと考えております。
 
こちらの野菜ソムリエのコラムは、メールマガジンで配信しているコラムのバックナンバーになります。
 
▼ 過去のブログはこちら
https://ameblo.jp/mandarin-sommelier/
 
コラムニストは、野菜ソムリエとして多方面でご活躍中の知久幸子さん、玉之内祐子さんです。
 
みかんのご紹介、美味しい食べ方、みかんを使ったレシピ、みかんの嬉しい機能、その他、野菜果物に関するご紹介やレシピなど、みかんを軸に野菜・果物のおいしい楽しみ方をご紹介いただきます。
 
お二人をご紹介いたします。
 

知久 幸子

知久 幸子さん

<ご経歴>
OL時代を経て調理師学校へ復学、
板場での修行経験を活かし、野菜ソムリエとして活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
レシピ開発、セミナー講師、講演、調理実習講師、アドバイザー、コラム執筆、青森県十和田市野菜サポーター等、野菜や果物の魅力を通じて「幸せな気持ちを」お届けするために多方面でご活躍されています。
 
<知久幸子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエのベジベジライフ 
http://ameblo.jp/vege-sachi/
 
<ご本人より一言>
コラムを通じてみかんをもっと深く知り、大好きになってもらえたら嬉しいです。
小宅 祐子

玉之内祐子さん

<ご経歴>
食とは全く別の世界から一念発起されて野菜ソムリエに。
現在は野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、こころとからだにやさしい食を伝えるべく活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
セミナー講師、コラム執筆、農業体験イベント企画・サポートなど、多方面でご活躍されています。
 
<玉之内祐子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエゆうこの野菜生活
http://ameblo.jp/umiumiyu-ko/
 
<ご本人より一言>
「おいしいはたのしい。」をモットーに講座講師や農業体験イベント、コラム執筆などを通して野菜や果物の魅力を伝える活動をしています。こちらのコラムでは、みかんはもちろん、楽しんでいただけるような野菜果物の情報を、時にはレシピなども交えて、発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

果物がもっと好きになる 「果物はいつ食べる?」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.232

===================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

セミナーで「果物を毎日食べていますか?」という質問をすると、「毎日食べている」という方が意外と多いことに喜びを感じる今日この頃です。ではどのタイミングで食べているかと尋ねると、食後に食べている方が殆どのようです。消化の観点から考えると、実はちょっと勿体ないタイミングだったりします。果物には食べ物を消化するのに必要な酵素がたっぷり含まれているため、食事が数時間かけて胃から腸に届くのに対し、たったの30分で腸まで届きます。そのため、食後に果物を食べると先に食べた食事に道をふさがれて立ち往生してしまいます。

これを踏まえて果物を食べるなら先に食べて、その後30分ほど置いてから食事をするのが効果的なのだそうです。「30分も待てない」という方は、3時のおやつタイムに果物を食べるようにすると良いかもしれません。せっかくたっぷり含んだ酵素を有意義に使いましょう!

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「キャベツの千切り」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.232

===================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
ふわっと軽い春キャベツの美味しい季節。千切りにしてたくさん食べたい!そんな方も多いのではないでしょうか。

さて、みなさんはいつもどのようにキャベツを千切りにしていますか?繊維に沿った切り方?繊維を断ち切る切り方?千切りの方向を変えるだけで食感や味に変化が生まれます。

まず繊維に沿った方向、つまり葉脈と平行に切るとシャキッとした食感が残り、噛めば噛むほどキャベツのうま味を感じられます。水分も出にくいので、千切りにした後に調理するお好み焼きなどにおすすめです。逆に繊維を断ち切るように葉脈に垂直に包丁を入れるとやわらかくふんわりと仕上がります。キャベツの甘みを感じやすく、口当たりがやさしいのでとんかつやコロッケの付け合わせにぴったりです。

その日の気分や、使うお料理、食べ合わせるものによって切り分けて、旬の春キャベツをたっぷり楽しんでくださいね。

 

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「ミニトマト入り爽やかスープ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.231

========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先週はミニトマトの品種をご紹介しましたが、今日はそんなミニトマトとミヤモトオレンジガーデンから発売されている「塩みかん(青みかん)」を使ったレシピをご紹介したいと思います。

鶏ガラスープに塩みかんを加えて味を調えます。そこに、刻んだパクチーと4等分にカットしたミニトマトを入れてひと煮立ちしたら完成です。あまり煮すぎてしまうとミニトマトが崩れてしまうので早めに火を消すのがポイントです。

パクチーが苦手な方は、ニラや万能ネギで代用してください。ミニトマトはできれば「アイコ」のような、味が濃くて果肉がしっかりしているものがベストです。溶き卵を加えて卵スープにすると、タンパク質も一緒に摂れて栄養価も高まります。卵の代わりに素麺を入れると、立派な主食にもなります。ミニトマトの酸味と塩みかんの爽やかな香りが、これからの季節にピッタリですよ。よかったらお試しください。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「やさいの手まり寿司 塩みかんを添えて」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.231

=================================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
春の陽気に誘われて、ピクニックに出かけたい!そんな気分ですね。ピクニックのお供と言えばお弁当。おにぎりもいいですが、見た目も可愛い「やさいの手まり寿司」はいかがでしょうか。

【材料】(2人分)
酢飯 1合分
小松菜 3~4枚(葉のみ)
にんじん 1/4本
ラディッシュ 2個
だし汁 50㏄
塩みかん 少々

【作り方】
1. 小松菜はさっと茹でて水気をしっかり絞る。にんじん、ラディッシュは薄い輪切りにする。
2. 1の野菜をそれぞれ別の容器でだし汁に30分ほど浸しておく。
3. ラップに軽く水気を切った小松菜1枚を広げ、その上に酢飯を置いて包み、丸く成型する。にんじんとラディッシュはラップに3枚ずつ少し重なるように並べ、その上に酢飯を置いて同じように丸く成型する。
4. ラップを外し、塩みかんを添える。

 

野菜が鮮やかな手まり寿司ですが、もちろん鯛やサーモンといった魚を使っても塩みかんとの相性は抜群です。良ければお試しください。

 

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

野菜がもっと好きになる 「手軽に食べられるミニトマト」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.230

========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

包丁を使う必要がなく、洗うだけでそのまま食べられる手軽さから、ミニトマトの需要が高まっているようです。品種も様々なものが出て来ています。道の駅や直売所を覗いてみると、地元の農家さんが珍しい品種を出していることが多いので、旅行や出張で他県を訪れるときは必ずチェックするようにしています。今回はそんな旅先で出会った美味しい品種をご紹介したいと思います。

ひとつ目は「シュガープラム」。皮も果肉もしっかりしていて食べ応えがあります。噛むほどに旨みと甘みが口の中いっぱいに広がり、あっという間に1パック食べきってしまいました。

ふたつ目は、「ピンキー」。ポップに「皮が堅くない!」と書いてあった通り食べやすかったです。ブドウのデラウエアのような食感と風味があって果物のような感覚で食べられました。これからの季節、旅先でのおやつに地元で採れたミニトマト、ぜひお試しください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「博多あまおう15周年」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.230

====================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

先日、「あまおう」をたっぷり楽しむイチゴのイベントに行ってきました。今年はあまおうの本格販売が始まってから15(イチゴ)周年の節目の年。昨今の様々なイチゴの品種誕生ブームの火付け役ともいえるあまおうは、15年たった今でも絶大な人気を誇ります。

イベントでは、有名な「あかい・まるい・おおきい・うまい」という名前の由来や、「実は『あまおう』というのは商品名で品種名ではなかった!」といった誕生秘話も聞くことができました。品種名は『福岡S6号』でSはストロベリーのSなのだそうです。また、受粉にミツバチの力を借りるため、毎年3月8日はミツバチ感謝の日と題して様々な取り組みをされているそうです。素敵ですよね。

あまおうは味が濃く、甘みも強いですが、しっかりと酸味もあるのが特徴で、デザートとしてだけでなく、サラダに入れても野菜との相性抜群です。様々な食べ方で楽しんでみてください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

果物がもっと好きになる 「ドライフルーツ。」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.229

=================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

果物は食べたいけど、むくのが面倒だという人が意外と多いようです。そんな時はドライフルーツがおススメです。最近、様々な果物が乾燥されて手軽に食べられるようになって来ました。

個人的に一番好きなのは、みかんを輪切りにしたドライフルーツです。何といっても断面が美しい!そして皮も一緒に食べられるというのがいいですよね。いろいろ食べ比べてみて、意表をつかれたのがスイカでした。そのまま食べると爽やかな甘さが特徴のスイカも、乾燥してしまうと飴菓子のように濃厚な甘さになるのです。

ドライフルーツの利点のひとつが、その軽さ。バックに入れて気軽に持ち歩く事が出来ます。それから、加糖していないものが多いので砂糖やバターがたっぷり入っているお菓子に比べて健康的なおやつと言えますね。よく噛むので少量でも満腹になります。ちょっと小腹が空いたときにドライフルーツ。ぜひお試しください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる「豆腐の塩みかんドレッシング漬け」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.229

============================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

先日、年に一度の食の祭典「FOODEX JAPAN 2018」でミヤモトオレンジガーデンさんのブースのお手伝いをさせていただきました。今年は新商品の塩みかんドレッシングをメインに様々なお客様にアピールしたのですが、なかでも特に関心を寄せてくださったのが料理人の方々。食のプロはいつも何か新しい食材を探して、研究熱心な方が多いのだなぁと感じました。そんなシェフのお一人に素敵なアドバイスをいただいたので、早速お家で試作してみました。

しっかりと水切りした豆腐をキッチンペーパーで包み、保存容器に入れて上から塩みかんドレッシングをかけて2~3日。塩みかんドレッシングの風味をまとった、もっちり濃厚なお豆腐の完成です。完熟みかん、青みかん、どちらの塩みかんドレッシングもそれぞれ違った風味で甲乙つけがたい仕上がりに。ひと手間かけるだけでこんなに贅沢な食べ応えになるとは驚きです。よければ試してみてくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんがもっと好きになる 「塩みかんドレッシング好評です。」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.228

=============================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先週は、ミヤモトオレンジガーデンから発売されている『塩みかんドレッシング』のPRで『国際食品・飲料展 FOODEX JAPAN20118』に行って来ました。

ドレッシングを味わってもらうための試食に何を出すか?社長と相談し、青みかんを使ったドレッシングの方はレタスと鶏ムネ肉のサラダにしました。野菜はもちろんカルパッチョや餃子のつけダレなど、何にでも使ってもらえるのですが、実は青みかんを使った方は、中でもちょっと苦みのある野菜との相性が抜群なのです。レタスやクレソン・かいわれ大根などのスプラウト類に、蒸した鶏肉を食べやすい大きさにほぐして、ドレッシングをかけると、食べごたえのある爽やかな味わいのサラダになります。火で炙った海苔を千切って加えると更に美味しいです。

試食をしてくださった方も口々に「おいしい!」と言ってくれて手応え十分な商談会となりました。

ぜひお試しになってみてくださいね!

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

「ホワイトデー」

2018-3-14 7:24
テーマ : 日常生活

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

3月14日はホワイトデーですね。バレンタインのお返しに何を贈ろうかと頭を悩ませた方も多いのではないでしょうか?私は野菜ソムリエと並行してスパイスやオリーブオイルなどを扱う専門店で働いているのですが、この時期は男性のお客様がいつもの5倍以上に。みなさん真剣に悩まれてお選びくださるのですが、中でも人気の商品がいくつかあります。

まずはオリーブオイル。レモンやオレンジと一緒にオリーブを圧搾して香りづけしたフレーバーオイルは贈り物に大変好評いただいています。そして、もう一つ人気なのがお塩です。お料理に欠かせない塩はぜひミネラルを含んだ天然塩を。春らしいピンクの塩や高級感のあるトリュフソルトが売れ筋です。塩みかんはないのですが、レモンソルトやシトラスソルトといった柑橘の風味がついた塩も人気です。
これから買われる方、また既に購入済みの方は来年の、参考にしてみてくださいね。

category : 日常生活comments : (0)