農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブログ内検索

農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデンは、みかんを通じてお客様・取引先・従業員とその家族のしあわせに貢献し、みかんの新しい文化を創りたいと考えております。
 
こちらの野菜ソムリエのコラムは、メールマガジンで配信しているコラムのバックナンバーになります。
 
▼ 過去のブログはこちら
https://ameblo.jp/mandarin-sommelier/
 
コラムニストは、野菜ソムリエとして多方面でご活躍中の知久幸子さん、小宅祐子さんです。
 
みかんのご紹介、美味しい食べ方、みかんを使ったレシピ、みかんの嬉しい機能、その他、野菜果物に関するご紹介やレシピなど、みかんを軸に野菜・果物のおいしい楽しみ方をご紹介いただきます。
 
お二人をご紹介いたします。
 

知久 幸子

知久 幸子さん

<ご経歴>
OL時代を経て調理師学校へ復学、
板場での修行経験を活かし、野菜ソムリエとして活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
レシピ開発、セミナー講師、講演、調理実習講師、アドバイザー、コラム執筆、青森県十和田市野菜サポーター等、野菜や果物の魅力を通じて「幸せな気持ちを」お届けするために多方面でご活躍されています。
 
<知久幸子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエのベジベジライフ 
http://ameblo.jp/vege-sachi/
 
<ご本人より一言>
コラムを通じてみかんをもっと深く知り、大好きになってもらえたら嬉しいです。
小宅 祐子

小宅祐子さん

<ご経歴>
食とは全く別の世界から一念発起されて野菜ソムリエに。
現在は野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、こころとからだにやさしい食を伝えるべく活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
セミナー講師、コラム執筆、農業体験イベント企画・サポートなど、多方面でご活躍されています。
 
<小宅祐子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエゆうこの野菜生活
http://ameblo.jp/umiumiyu-ko/
 
<ご本人より一言>
「おいしいはたのしい。」をモットーに講座講師や農業体験イベント、コラム執筆などを通して野菜や果物の魅力を伝える活動をしています。こちらのコラムでは、みかんはもちろん、楽しんでいただけるような野菜果物の情報を、時にはレシピなども交えて、発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

みかんでもっと笑顔になる 「八朔を味わい尽くす」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.225

====================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

柑橘の中でもコアなファンが多い「八朔」ですが、何を隠そう私もその一人です。独特のほろ苦さが病みつきになる、他とは一味違う柑橘ですよね。よく4個でネットに入って販売されていたりしますが、一気に無心で剥くと剥きづらさも案外気になりません。もちろん素のままでも楽しみつつ、砂糖漬けにしたり、サラダにしたりと、あっという間に食べきってしまいます。

ここでおすすめの食べ方をひとつご紹介。レタスとミニトマト、イタリアンパセリのサラダに少しつぶしながら八朔を散らします。上からエキストラバージンオリーブオイルを回しかけ、ほんのひとつまみの塩を振ってやさしく和えれば出来上がり。さわやかなパセリの芳香とほろ苦い八朔の酸味がアクセントになるシンプルなサラダ。八朔の美味しさが際立ちます。もちろんお好きな野菜を加えていただいても結構です。旬の八朔でぜひ試してみてくださいね。

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「実えんどうの『まめこぞう』」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.224

========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先日、鹿児島食材の商談会に参加して来ました。鹿児島県は、寒いところは東京と同じ平均気温で、最南端の与論島は沖縄と同じ気候という、その幅広い気温差を活かして様々な農産物が育てられているそうです。

なかでも目を惹いたのが、実えんどうの『まめこぞう』。鹿児島県育成品種で、出荷時期は11月~4月。寒くなると大根や葱が甘くなるのと一緒で、でんぷんが糖になるため非常に甘いそうです。シンプルに茹でたものがお皿に盛り付けてあったので、スプーン一杯を口に含んでみたところ、本当に甘い!更にグリンピース特有の青臭さが全くないので、苦手な方もこれなら食べられるかもしれません。

ちなみに、名前の由来は「ま」んまるで、「め」っちゃ甘い。「こ」どもも大好き。うまい「ぞう」!で、『まめこぞう』だそうです。地元の高校生が考えたそうです。見かけたらぜひ手に取って召し上がってみてくださいね♪

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「カカオのジュース」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.224

===================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

今日はバレンタイン。カカオからこだわる「Bean to Bar」の風潮もあり、年々その質が上がっているように感じます。どこのチョコを買おうか、悩ましい限りです。

先日、全てのチョコレートの元となる生のカカオの実「カカオポッド」を拝むことができました。生のカカオポッドに触れること自体かなり珍しい経験ですが、さらに幸運なことにカカオのジュースまで飲むことができたのです。カカオポッドの中にはたくさんのカカオ豆が入っていて、その周りをカカオパルプというトロッとした白い液状のものが覆っています。これがカカオジュースの正体。飲んでびっくり、およそチョコレートのあの味からは想像できないフルーティさ。例えるならばライチのような南国フルーツを思わせる味でした。カカオも果物なのだと強く感じた貴重な体験です。このジュース、都内のいくつかの専門店でも飲めるようです。興味のある方はぜひ試してみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「加賀れんこんを食す」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.223

==================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先日、金沢の伝統野菜「加賀れんこん」を食べました。モチっとした食感にびっくり。私が食べ慣れている地元茨城県産のれんこんはシャキシャキしているので、同じれんこんでもこんなに食感が違うのか!と驚きました。加賀れんこんはデンプン質が多く粘りがあるのが特徴だそうです。すりおろして蒸した「はす蒸し」など、地元ではその粘り気を存分に楽しむ調理法が好まれているそうです。「生産量は日本一の茨城県に負けますが、消費量は石川県民の方が多いのですよ」と教えてもらいました。それだけ石川県の方が伝統野菜の加賀れんこんを愛しているって事でしょうね。

因みに、れんこんを切って放置しておくと黒くなるのは、レンコンに含まれるポリフェノールの一種であるタンニンが酸化することが原因です。腐っている訳ではないので捨てずに食べましょう。モチっとした食感の加賀れんこん、ぜひ1度お試しください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「アレッタ」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.223

============================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

先日、おいしい物好きの仲間とお気に入りのフレンチビストロを訪れました。今日はそこで出会った新顔野菜をご紹介します。

毎回どのお料理も素晴らしく、シェフのこだわりが感じられるのですが、メインのお肉の付け合わせに「アレッタ」が登場。丁寧にソテーされた立派なアレッタはお肉の存在感にも負けず、相性も抜群でした。

「アレッタ」とはブロッコリーとケールを掛け合わせてできた野菜で、2011年に品種登録されています。見た目は菜花やスティックセニョールに似ていて、茎の長いブロッコリーのような形です。茎・葉・蕾の全てを食べられ、苦みがほとんどなく、なんと生でも食べられるほど。栄養価も高く、食味・栄養それぞれの面で親であるブロッコリーとケールのいいところを受け継いだサラブレットのような野菜です。
まだまだ流通量は少ないですが、これからぐいぐいきそうな予感。見つけたらぜひ食べてみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「源助大根を食す」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.222

===============================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先日参加したイベントで食べたおでんの大根が、大変美味しかったのでご紹介したいと思います。その大根は見た目がツルっとしていて、煮ると浮き出る大根特有の食物繊維の筋が見当たりません。箸を入れてみると、堅そうに見えたのにサクっと2つに割れ、口に含むとあっという間に溶けていなくなりました。なんて滑らかな舌触りでしょう!

その大根の名は、源助大根。石川県金沢の伝統野菜として栽培されている小ぶりの大根だと教えてもらいました。地元の方は、おでんを作るときは他の大根に浮気をしない程、必須食材なのだそうです。一時は生産者が1人に減ってしまったそうですが、近年の伝統野菜ブームもあり、現在では徐々に生産量も増え、関西や首都圏などへも出荷されるようになったそうです。旬は2月上旬まで。伝統野菜コーナーを設けている青果店も増えているので、みかけたら是非おでんでご賞味ください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「深谷ネギ」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.222

============================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

かなりの寒波が日本各地を襲っておりますが、みなさま風邪などひいておられませんか?風邪の予防におすすめの旬野菜といえば「ネギ」。中でも今日は埼玉県の特産品、深谷ネギをご紹介したいと思います。

長ネギには「下仁田ネギ」などいくつかブランドがありますが、その一つで埼玉県深谷市周辺で作られているのが「深谷ネギ」。太さと長さがあり、白肌の美しいネギです。きめ細かく柔らかいのが特徴で、加熱するとトロっととろけて甘味が際立ちます。特に寒くなると甘味がどんどんのってくるためこの時期に食べるのがおすすめ。シンプルに素焼きにしても、鍋やスープに入れてくたくたに煮込んでも美味しいですよね。

ネギに含まれるビタミンCが免疫力を高めて、葉の緑色の部分のβ‐カロテンで粘膜を強化、硫化アリルは殺菌作用や抗菌効果があるため風邪の予防にはもってこいです。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「春の訪れを告げる博多蕾菜」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.221

======================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

ここ2~3週間ほど、福岡食材をPRするレストランイベントの準備に奔走しています。忙しい中にも嬉しいと感じるのが、新しい食材と出会い初めて口にする瞬間です。

先日は「博多蕾菜」をサンプル提供してもらいました。博多蕾菜(はかたつぼみな)は、中国南部原産の大型からし菜の一種で、わき芽だけを商品化したもので、ほどよい辛味と風味が特徴なのだとか。まずは生でかじってみました。確かに辛い!アブラナ科特有の青っぽい香りに加え、からし菜特有のピリっとした辛みがあります。2つめは5分ほど茹でてみました。すると風味を残しつつ、辛みはほとんど消え去り、ブロッコリーの茎のような食感で、噛みしめると甘さが口の中に広がります。美味しい!

福岡ではふきのとうと一緒に、春の訪れを告げる山菜のような存在なのだとか。確かに生命力を感じさせる味わいでした。見かけたらぜひ一度味わってみてください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「カリフローレとスティックセニョール」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.221

=================================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

冬野菜の代表格、カリフラワーやブロッコリー。お好きな方も多い一方で、食感や風味が苦手と仰る方も多いのですが、そんな方におすすめの新品種がカリフローレとスティックセニョールです。

カリフローレはカリフラワーの一種で一般的なカリフラワーのように房が丸くひとつの塊状にできるのではなく、細長く伸びた軸に白いつぼみがちょこんと付いたような形状で、束ねるとまるで花束のような可愛らしい野菜です。
スティックセニョールはブロッコリーと中国野菜のカイランを掛け合わせた品種で、アスパラガスのようにすらっと伸びた茎にブロッコリーの房の一つがついたような見た目です。

どちらもクセや青臭さが少なく食べやすいのが特徴です。房自体が小さいのでもそもそとした食感も気になりません。まだまだ流通自体少ないのですが、産直市場やこだわりの野菜を取り扱っているお店などでは比較的手に入れやすいので注目してみてください。

まだまだ少ない流通ですが、道の駅や産直売場、こだわりの野菜を取り扱っているお店などでは比較的手に入れやすいのでぜひ注目してみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

果物がもっと好きになる 「あまおう15周年特別企画」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.220

=======================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

週あたまの1月15日は「いちごの日」ということで、いちご産地では様々な催し物が開催されたようです。

JA全農ふくれんでは、今年はブランドいちごあまおうの販売を本格的にスタートして15周年を迎える年ということで、15日から特別企画をスタートしました。スマホを使って、契約農家さんと二人三脚で作物を契約栽培できるオンライン上の直接販売サービスで、栽培期間中は、契約農家の方から成長途中の写真やコメントが送られてくるなど、成長の様子を楽しみながら収穫を待つことが出来るそうです。

「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」が名前の由来の「博多あまおう」は、温暖な気候に恵まれた福岡県で栽培されています。その素晴らしい味わいのファンは多く、近年では香港を中心に海外にもファン層が広がっています。バーチャル栽培の受付は来月15日まで。お子様と一緒に楽しんでみるのもいいですね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)
13 / 15« First...1112131415