農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

ブログ内検索

農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデンは、みかんを通じてお客様・取引先・従業員とその家族のしあわせに貢献し、みかんの新しい文化を創りたいと考えております。
 
こちらの野菜ソムリエのコラムは、メールマガジンで配信しているコラムのバックナンバーになります。
 
▼ 過去のブログはこちら
https://ameblo.jp/mandarin-sommelier/
 
コラムニストは、野菜ソムリエとして多方面でご活躍中の知久幸子さん、小宅祐子さんです。
 
みかんのご紹介、美味しい食べ方、みかんを使ったレシピ、みかんの嬉しい機能、その他、野菜果物に関するご紹介やレシピなど、みかんを軸に野菜・果物のおいしい楽しみ方をご紹介いただきます。
 
お二人をご紹介いたします。
 

知久 幸子

知久 幸子さん

<ご経歴>
OL時代を経て調理師学校へ復学、
板場での修行経験を活かし、野菜ソムリエとして活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
レシピ開発、セミナー講師、講演、調理実習講師、アドバイザー、コラム執筆、青森県十和田市野菜サポーター等、野菜や果物の魅力を通じて「幸せな気持ちを」お届けするために多方面でご活躍されています。
 
<知久幸子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエのベジベジライフ 
http://ameblo.jp/vege-sachi/
 
<ご本人より一言>
コラムを通じてみかんをもっと深く知り、大好きになってもらえたら嬉しいです。
小宅 祐子

小宅祐子さん

<ご経歴>
食とは全く別の世界から一念発起されて野菜ソムリエに。
現在は野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、こころとからだにやさしい食を伝えるべく活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
セミナー講師、コラム執筆、農業体験イベント企画・サポートなど、多方面でご活躍されています。
 
<小宅祐子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエゆうこの野菜生活
http://ameblo.jp/umiumiyu-ko/
 
<ご本人より一言>
「おいしいはたのしい。」をモットーに講座講師や農業体験イベント、コラム執筆などを通して野菜や果物の魅力を伝える活動をしています。こちらのコラムでは、みかんはもちろん、楽しんでいただけるような野菜果物の情報を、時にはレシピなども交えて、発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

みかんでもっと笑顔になる 「柑橘の香り玉・ポマンダーの魔法」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.216

=============================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

みなさんはポマンダーをご存知ですか?オレンジやリンゴなどの果物に香辛料をまぶして作る香り玉。その昔、ヨーロッパではペストなどの疫病の予防や魔よけのための香りのお守りとされていました。今でも欧米では健康や幸せの象徴として手作りのポマンダーをクリスマスや新年のプレゼントとして交換することもあるそうです。

主にオレンジにクローブというスパイスを刺して、シナモンパウダーなどをまぶして作る方法が一般的ですが、このオレンジとクローブが合わさるとたまらなく良い香りが広がります。寒いこの季節にぴったりの甘く深く芳醇な香りは、それだけで幸せな気分を運んでくれます。オレンジにひたすらクローブを刺すという根気のいる作業ではありますが、ハマると黙々と集中でき、驚くほど簡単に出来上がります。

上手く乾燥させると長持ちして魔法のような香りを数年楽しんでいただけます。ぜひ試してみてくださいね。

category : みかんの嬉しい効果comments : (0)

果物がもっと好きになる 「青森県産 印度りんごを食べる」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.215

==========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪

先日、「旬のフルーツを沢山食べる会」という何とも贅沢なイベントに参加して来ました。

中でもりんごが6品種もあり、仲間といろいろ食べ比べてみたところ、「青森県産の印度りんご」がとても印象的で美味しく感じたのでご紹介したいと思います。印度(いんど)りんごといっても、南国のインドとは関係なく、アメリカのインディアナ州産の種が由来だそうで、青森県で育成され昔から親しまれている品種です。収量が少ないものの、今でも根強い人気があるそうです。大きさは少し小ぶり。赤と黄色が混ざったマットな皮の色合い。果肉は固めで水分は少なくサクサクといった食感。この食感がボケたリンゴとちょっと似ていますが、噛み続けているとクセになります。酸味はほとんどなくて、優しい甘みが口に広がります。この素朴な味わいが根強い人気がある理由かもしれません。見かけたらぜひ一度召し上がってみてくださいね♪

 

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「ポテトサラダの極意 後編」

野菜ソムリエ 小宅祐子さん vol.215

========================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。
前回に続いてポテトサラダの極意・後編です。今回は「メークインで作るしっとりなめらかポテトサラダ」のレシピをご紹介します。

【材料】(4人分)
メークイン 3個
きゅうり 1/2本
ハム 3枚
酢 小さじ2
マヨネーズ 大さじ3
塩・こしょう 少々
【作り方】
1.メークインは洗ってラップをし、レンジ(600w)で5~6分加熱する。
2.きゅうりは輪切りにして塩もみし、絞る。ハムは細切りにする。
3.メークインに竹串を刺し、すっと入ったら皮を剥いて熱いうちにつぶし、酢を加え軽く混ぜる。
4.3の粗熱が取れたら2とマヨネーズを加えて混ぜる。
5.塩・こしょうで味を調え、少し寝かせて味を馴染ませる。

アレンジとしてニンジンやタマネギ、コーンやリンゴなどを加えてもいいですし、

アンチョビやオリーブを刻んで入れるとおつまみにも。
また、隠し味としてマスタードや味噌を少し混ぜるのもおすすめです。

ぜひ試してみてくださいね。

 

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)

野菜がもっと好きになる 「山形県産 ラ・フランスを美味しく食べるには?」
野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.214
===============================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です♪
先週、東京のデパ地下で山形県産の西洋梨「ラ・フランス」の宣伝販売を行って来ました。
今までに見たこともない立派な大玉が3つ入って大特価だったので、西洋梨好きな方に大変喜んでもらいました。

西洋梨は和梨と違って追熟させて食べる果物です。ですから購入してもすぐには食べられません。宣伝販売する時は、食べ頃になったものを試食でご提供しています。ラ・フランスは食べ頃になっても果実の色がほとんど変わらないので、食べ頃を見極めるチェックポイントが3つあります。まず、食べ頃になると軸全体がしおれてきます。次に、軸の周りにシワがよってきます。最後に、果実の肩の部分を指で押してみて、耳たぶより少し硬めになっていたら食べ頃です。皮をむくとベタつくのが嫌という方は、半分にカットして芯をくり抜いてスプーンで召し上がっていただくと手を汚さずに食べられますよ!是非お試しくださいね♪

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「ポテトサラダの極意 前編」
野菜ソムリエ 小宅祐子さんvol.214
===============================================

こんにちは。野菜ソムリエの小宅祐子です。

2017年も最後の月に入り、新しい年の足音も聞こえてきています。忘年会やクリスマスなど集まる機会も多い季節。今回はホームパーティーや持ち寄りパーティーにぴったり「ポテトサラダ」のおすすめアレンジをお伝えします。

お料理によってじゃがいもの品種を使い分けている方も多いと思いますが、ポテトサラダと言えばホクホク感を活かした「男爵」を使うレシピが一般的です。しかし、意外なことに逆の性質を持った「メークイン」を使うのもとってもおすすめ。マヨネーズなどの調味料との馴染みが良く、しっとりなめらかに仕上がります。そのためソース代わりにお肉に添えたり、パンや野菜に付けて食べたりとパーティーシーンで大活躍。作った後、時間を置くことでより味が馴染むので作り置きしておけるのも嬉しいポイントです。

次回はメークインで作るポテトサラダの詳しいレシピやアレンジ術をお届けします。お楽しみに。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)
13 / 13« First...910111213