農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログ内検索

農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデンは、みかんを通じてお客様・取引先・従業員とその家族のしあわせに貢献し、みかんの新しい文化を創りたいと考えております。
 
こちらの野菜ソムリエのコラムは、メールマガジンで配信しているコラムのバックナンバーになります。
 
▼ 過去のブログはこちら
https://ameblo.jp/mandarin-sommelier/
 
コラムニストは、野菜ソムリエとして多方面でご活躍中の知久幸子さん、玉之内祐子さんです。
 
みかんのご紹介、美味しい食べ方、みかんを使ったレシピ、みかんの嬉しい機能、その他、野菜果物に関するご紹介やレシピなど、みかんを軸に野菜・果物のおいしい楽しみ方をご紹介いただきます。
 
お二人をご紹介いたします。
 

知久 幸子

知久 幸子さん

<ご経歴>
OL時代を経て調理師学校へ復学、
板場での修行経験を活かし、野菜ソムリエとして活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
レシピ開発、セミナー講師、講演、調理実習講師、アドバイザー、コラム執筆、青森県十和田市野菜サポーター等、野菜や果物の魅力を通じて「幸せな気持ちを」お届けするために多方面でご活躍されています。
 
<知久幸子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエのベジベジライフ 
http://ameblo.jp/vege-sachi/
 
<ご本人より一言>
コラムを通じてみかんをもっと深く知り、大好きになってもらえたら嬉しいです。
小宅 祐子

玉之内祐子さん

<ご経歴>
食とは全く別の世界から一念発起されて野菜ソムリエに。
現在は野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、こころとからだにやさしい食を伝えるべく活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
セミナー講師、コラム執筆、農業体験イベント企画・サポートなど、多方面でご活躍されています。
 
<玉之内祐子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエゆうこの野菜生活
http://ameblo.jp/umiumiyu-ko/
 
<ご本人より一言>
「おいしいはたのしい。」をモットーに講座講師や農業体験イベント、コラム執筆などを通して野菜や果物の魅力を伝える活動をしています。こちらのコラムでは、みかんはもちろん、楽しんでいただけるような野菜果物の情報を、時にはレシピなども交えて、発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

みかんでもっと笑顔になる「パッションフルーツ」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.403

===================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
夏本番、トロピカルフルーツがおいしい季節ですね。ここ最近、日本でも生産量が増えた「パッションフルーツ」も旬を迎えています。国産のパッションフルーツは6月から8月にかけて最盛期。売り場で見かけることも多くなってきたのではないでしょうか。ブラジル原産のトケイソウ科の果実で、一般的には5~10cmの卵型、濃い紫色(あずき色)の皮のものが多く出回っています。表面がつるっとしているものは甘酸っぱく、室温にしばらく置いておくと酸味がやわらぎ、甘みを強く感じることができます。食べごろの見極めは表面にしわが入ってでこぼこになったかどうか。このしわは追熟が進んだ証です。酸味が苦手な方はぐっとこらえてこの状態になるまで寝かせてくださいね。食べるときは水平に半分に切って中の黒い種と鮮やかなオレンジのゼリーをスプーンですくって食べます。裏ごししてゼリーやシャーベットにするのもおすすめです。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「香味野菜と塩みかんの和え物」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.389

=========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

今週末は、広い範囲で梅雨が明けました。急な暑さにダウンしている方も多いのではないでしょうか?そんな日の食事には、三つ葉やみょうがなど、香り高いジャパニーズハーブを薬味に、さっぱりと麺料理などもいいですよね。ただ、薬味に少しだけ使いたい野菜の余りって、「気づいたら冷蔵庫の中で萎びていた」なんてことありませんか?今日は、そんな香味野菜の「使い切りレシピ」をご紹介したいと思います。

【材料】(2人分)

・蒸しササミ‥2本

・糸三つ葉‥1/2束

・青ネギ‥1/3束

・塩みかん(青)‥小さじ1/2

・ゴマ油‥小さじ2

【作り方】

①蒸しササミは食べやすい大きさにほぐしておく。

②三つ葉と青ネギをさっと茹で、氷水で冷やしてから水気を切り、食べやすい長さに切る。

③ 大きめのボウルに塩みかんとゴマ油を入れてよく混ぜ合わせ、①と②を入れてさっと和えて完成。

よかったらお試しくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「デイジーマンダリン」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.402

=====================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
ちょうど日本では柑橘の端境期を迎えるこの時期、季節が真逆の南半球オーストラリアはおいしいオレンジの収穫期となります。ネーブルやミネオラオレンジなど、聞き馴染みのあるものが店頭に並びますが、そんな中で「デイジーマンダリン」をご存知ですか?
デイジーマンダリンはカリフォルニア生まれの品種ですが、この時期はオーストラリア産のものが輸入されています。オレンジよりも日本の柑橘類(デコポンなど)に近く、強い香りが特徴です。果肉はやわらかくジューシーで、甘味・酸味ともに強すぎず、あっさりしているため夏場の暑い時期に食べる柑橘としてぴったりです。もちろん、そのまま食べてもいいのですが、香りの強さとジューシーさを活かして生絞りのジュースにするのもおすすめ。パッションフルーツやマンゴーなどの旬のトロピカルフルーツと合わせてスムージーにしても。柑橘が恋しくなったらぜひ試してみてくださいね。

category : みかんのご紹介comments : (0)

野菜がもっと好きになる「塩みかん香る緑色のサラダ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.388

======================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

いつもの定番メニューに塩みかんを「ちょい足し」するだけで、日常の食卓が、ちょっとだけ彩り豊かになりますよ。今日はそんな「塩みかん香る緑色のサラダ」をご紹介したいと思います。

【材料】(2人分)

・蒸しササミ‥1本

・キュウリ‥1本

・アボカド‥1/2個

・玉ねぎ‥1/4個

・塩みかん(青)‥小さじ1/2

・マヨネーズ‥大さじ2〜3

【作り方】

①蒸しササミは食べやすい大きさにほぐし、キュウリは千切りに、玉ねぎは薄くスライスする。

②ボウルにアボカドを入れてフォークで潰し、マヨネーズと塩みかんを入れてよく混ぜ合わせる。

③ ②のボウルの中に①を入れてさっくりと混ぜ合わせて完成。

キュウリのみずみずしさと、青みかんの香りがポイントの緑色のサラダです。他にも、セロリや青ネギ、パクチーなども合いますよ。お好みの野菜プラス塩みかんで、ぜひ、いつもとはひと味違うサラダをお試しくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「七夕の行事食と言えば…」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.401

========================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
7月7日は五節句のひとつ、七夕(しちせき)の節句です。短冊に願い事を書いて成長の早い笹に飾るとぐんぐん伸びて星に願いが届くと言われていますよね。そして、七夕の行事食として有名なのが「そうめん」です。諸説あるようですが、無病息災や技の上達を願って食べられるようになったそうで、暑くなるこの時期に食べやすいものとして今でも受け継がれています。そうめんの細い麺を天の川に見立て、星型のオクラをトッピングすると彩りも栄養価も上がります。水溶性食物繊維が豊富なオクラは夏場の腸活に大活躍のおすすめ食材。麺つゆには冷凍トマトのすりおろしを混ぜるとうま味アップでつゆも薄まらず、最後までおいしくいただけます。また、きゅうりやパプリカを星型に抜いて飾るとお子様にも喜ばれる飾り付けに。ぜひ今年の七夕は野菜たっぷりそうめんをお家で楽しんでみてはいかがでしょうか?

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

果物がもっと好きになる 「幻のメロン ゆうか」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.387

===================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

先月は茨城県産のイバラキングというメロンをご紹介しましたが、今月は茨城県鉾田市産の「ゆうか」というメロンをご紹介したいと思います。漢字では優香と書きます。収穫時期が近づいてくると優しい香りを漂わせることからこの名前がつけられたそうです。特にこのメロンは香りが素晴らしく、「決して強い訳ではないけれどしっかりと嗅覚を刺激する洗練された香り」と生産者のホームページに紹介がありました。ネット系のメロンですが網目模様は薄く、完熟すると緑色から黄色く輝いたような色に変化してきます。栽培が難しく鉾田市内でも栽培技術に優れた農家でしか作られておらず、流通量が少ないことから「幻のメロン」と呼ばれています。実際に食べてみたところ、花を連想させる華やかな香りで甘みも強く、非常に味わい深いメロンでした。7月中旬頃までネット通販もあるので、メロン好きな方はぜひお試しください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる「ステムレタス」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.400

==============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
今年も上半期が終わり、すっかり初夏の野菜がおいしい季節となりました。
さて、この時期に旬をむかえる珍しい野菜「ステムレタス」をご存知ですか?茎レタスとも呼ばれ、同じキク科の葉を食べるレタスとは違い、主に茎を食べる野菜です。日本では干して乾燥させたものが山くらげとして有名です。
このステムレタスは太い茎にびっしりと葉が付きますが、その葉を落として茎の厚い皮をむいた芯の部分を食用とします。シャキシャキの食感が特徴で、生のままサラダや和え物にしたり、炒め物にしたり。中国原産ということもあり、中華料理屋さんで食べたことがある方もいらっしゃるかもしれません。旬は6月~7月と11月~12月の年に2回。スーパーなどではなかなか見かけませんが、食べごろの時期には産直市場やファーマーズマーケットなどに置いてあることがありますので、興味のある方は探して試してみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜ソムリエ 「塩みかんマリネの素でひと味プラス」

知久幸子さん vol.386

======================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。新しくミヤモトオレンジガーデンから発売された「塩みかんマリネの素」は、お魚や野菜をマリネにして楽しむのはもちろん、様々な使い方ができるので重宝しますよ。私は最近、オートミールに加えて楽しんでいます。オートミールは燕麦を食用に加工したもので、食物繊維や植物性タンパク質・ミネラルが豊富なため、ダイエットや美容に効果があるとして注目されている食材です。色々な食べ方がありますが、牛乳やアーモンドミルクに、ひと晩漬けておくオーバーナイトオーツは、忙しい朝に冷蔵庫から取り出すだけなので、とても重宝します。塩みかんマリネの素を使う時は、カカオパウダーも一緒に入れるのがポイント。みかんの香りとカカオの苦味の相性が良く、オランジェットのような風味になります。カットしたバナナやナッツ類・プレーンヨーグルトなども加えると、さらに美味しくなりますよ。ぜひお試しくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「塩みかんマリネの素で作る簡単ピクルス」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.399

==================================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
最近、私はミヤモトオレンジガーデンさんの新商品「塩みかんマリネの素」を使って様々なお料理を楽しんでいます。やさしいみかんの香りが、和食・洋食・中華・エスニック…とジャンルを問わずマッチする万能調味料で重宝しています。
今回はとっても手軽にできる夏野菜のピクルスをご紹介します。

「塩みかんマリネの素で作る簡単ピクルス」

【材料】(作りやすい分量)
きゅうり 1/2本
ミニトマト 3~5個
ヤングコーン 3~5本
〇塩みかんマリネの素 大さじ2
〇酢 100ml

【作り方】
1.キュウリはスティック状に切り、ヤングコーンは茹でて半分に切る。
2.〇を混ぜ合わせてピクルス液を作り、1とミニトマトを漬け込む。

漬ける野菜はズッキーニやミョウガ、コリンキーなどもおすすめです。みかんの香りを最大限に活かすため、加熱していないので2~3日を目安に食べきりましょう。簡単で、他にはない風味のピクルス、ぜひ試してみてくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

果物がもっと好きになる 「茨城メロンのイバラキング」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.385

=======================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

メロンが美味しい時期になりました。20年以上、生産量日本一を誇る茨城県では、豊富な種類のネットメロンが栽培されています。出荷時期は4月から10月と長く、6月にピークを迎えます。中でもオススメしたい品種は、「イバラキング」です。茨城の王様(キング)になって欲しい!という願いを込めて完成したイバラキング。香りの高いアールスメロン系を父親とし、10年以上の歳月をかけて完成しました。こうして誕生したイバラキングは、なめらかな口あたりと上品な香りと甘さ、きめが細かくてジューシーな果肉が特徴です。日持ちも良いので、美味しく食べられる期間が長いのも魅力のひとつです。メロン下部を押してみて、少し柔らかく香りがしてきたら食べ頃です。食べる1時間ほど前に冷蔵庫に入れて冷やしてからお召し上がりください。茨城が誇るイバラキング、店頭で見かけたらぜひ1度味わってみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)